RSSリーダー
Archive(Monthly
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Counter
since June, 2008
Favorite
QRcode
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衝撃

衝撃的なCMを見てしまいますた。



「ドラゴンクエスト? × NINTENDO DS」




・・・やっぱDS買えってことですかorz。



しかも急務ですぞ。


スポンサーサイト

第2の衝撃






...(_--)_




DSがうりきれてますた・・・




第3の衝撃



・・・昨日で


りんの受け持ち入院患者さんが全員退院しますた。


それはめでたいことなんですが、



さて新たに入院してくる患者さんがゼロ・・・orz



もうすぐ年末年始だし。



つまり今受け持ち患者さんゼロ・・・

<(・>・)ゝとりあえず閑古鳥でも飛ばしておきますか
/ /


この先12月いっぱいは増える予定もゼロ・・・



(´・ω・`)




月曜の外来と木曜の外勤日以外は、私は何をすればよいのでしょう??



やっぱDS??



第4の衝撃(そろそろこれで押してくとそのうちネタにつまる悪寒・・・)

回を重ねるごとに衝撃度が弱まってく(つまりネタがなくなってきている)様な気がしますが、


今日のプチ衝撃であります。



12時ごろ、予約患者も途切れがちで外来も終わろうかというとき。

一人、N病院に就職した事務員さんが、就職時検診の最後の医師の診察を受けるのを待っておりますた。


が、混む外来を待ってるのがめんどくさくなったのか、外来に呼ぼうとしたら、事務長さんとメシを食いに行ったという連絡が(T□T)。みんな勝手だよ。りんは空腹を抱えて昼過ぎまで外来やってるっつーのに。

じゃー、りんもその隙に昼飯いっちゃおっかなーなどと看護師さんと企てておりますた。

そこへ、


「いきなり糖尿病で教育入院目的の人がこんな時間に来たんだけど・・・」と外来師長さん。



あへ?



糖尿病の教育入院とは、


外来で糖尿病をコントロールしようとしても、(たいていは食事療法とかがきちんとできてなくて)うまく血糖値がコントロールできない人を、


入院(お仕置きの意味を持たせることもある)させて、食事療法などをじっくりやって、患者さんを教育するとともに血糖値を立て直す、そんな入院。必要があればインスリンを導入する。



つまり、緊急性がないので、普通は予約入院が出来るはず。


なぜこの時間・・・??(-"-)


ただ、入院目的で来てると言うからには、患者さんは入院の用意をしてきちゃってるだろうしな・・・(´・ω・`)


帰れ予約取り直してから来いとは言えない。orz


病棟に連絡し、ベッドが空いてることを確認したうえで患者さん本人を外来に呼び入れますた。



開業医からの紹介状には、「DMコントロール不良で本人も教育目的入院を望んでいます。3月HbA1c 7.0→12月HbA1c 8.5」とある。FBS250→FBS310とも書いてある。確かにグダグダだね。



入ってきたのは31歳男性、なんとなく、だらしのない感じ(ってそれも失礼か)



「多分そのまま入院になっちゃうんだろーなー、って覚悟できますた(´・ω・`)」



というので、



「入院の用意してきますた?」



と聞いてみたら、



「いやしてない」



とお返事が。(´Д`;)



「じゃ、今日は用意しに帰って、明日入院に来ますか?」



とためしに言ってみたら、悩み始めた。



ちょっとだけ面白くなったので、


「糖尿病で急ぎじゃないから、今入院すると年越しになっちゃうんで、1月以降の入院でもいいんじゃない」



と追い討ちをかけてみたら、

「いや前の入院のときも、外来にきたら有無を言わさず入院だったから・・・今回もそうかと思って・・・困ったな(´・ω・`)」

と入院の決心すら揺らいできますたよ・・・



これ、開業医。誰が「本人も望んでる」だよ。

もろ、言われたから来ただけじゃねーか。



今日のりん外来担当ナースは若干イケイケ(って死語だな)なねーちゃんだったので、


「じゃせっかく来たんだから、とりあえず入院しちゃって、で一旦外出してそれで入院の用意してくれば!?」



と引導を渡してくれますた。



どーもどーも。(-人-)




で、内科の医長に連絡しますた。


N病院では外来しかやってないりんは、入院患者さんのその後を担当できないですからね。



もともと内科医長が糖尿内分泌専門なので、そのまま入院担当を受けてくれますた。


っていうか、開業医から連絡受けてた、来るの知ってるよですって!?



そうならあらかじめ外来に言っといてくださいよ~。orz



そしてもっと早い時間に来るように言ってくださいよ~。



そして、このDMさんが病棟へ上がり、さあ飯を食うぞっていうかこっちは低血糖だよもうと思ってたら・・・



事務員さんが飯 か ら お 戻 り に な り ま す た(-□-)



時刻13:30でつ。



今から診るのか~(´Д`)


で、今日もランチ14:00からでした。。。。orz

第5の衝撃

今日受けた衝撃ではありません。今日は何も仕事してないしorz。



昨日、朝起きたら上唇に水疱が一個出来ておりますた。


内部に水がたまってパッツンパッツンな水泡ですorz。


痛くはないけど、張ってる感が凄い。


メシが食べにくい・・・(´Д`)


やけどした記憶とかないんですけど。ヘルペスとも違うし、なんだこりゃ。


なんだか分からないと、西洋医学ではとりあえず経過観察するしか能がありませぬ。



見た目かなりグロイ(何の新種ウイルスに侵されたんだって感じ)だったので、マスクをしてN病院の外来をしてますた。



外来中、患者さんの話聞きながら、気になってこの水泡を舌でいじっておりますたところ、



DMにーちゃんが入院してくるちょっと前ぐらいのタイミングで



ぷにゅぅっ



とつぶれますたΣ(-□-;)




塩分と蛋白分の多そうな味のする浸出液が口の中へ(´Д`)




患者さんは「今日は寒くて・・・」とかのんきにしゃべってますが、



こっちはマスク内部でそれどころではありません。




「(・・・ちゅ、ちゅぶれた!!ちゅぶれた!!!!)」



みたいな感じでじたばたヽ(≧△≦)ノしとりますた。



演技力により誰にもばれないまま無事外来終了。



今日はなんか乾燥してかさぶたのような状態になってます。


舌でちょっとずつ力を加えてかさぶたを唇から浮かしてたりしてます。

だって気になるんだもーん。



多分もうまもなくかさぶたをはがすと思われ(´Д`)



また血出るんだろうな・・・分かっててもやめられないよママン・・・orz

第6の衝撃

DSげっとおおおうううぅぅぅ(T□T)


これも紹介してくれたみなさんのおかげです



アハァ(ノ▽`)


嬉しさのあまり本体だけ買ってソフトを買わないで帰るとこでした


で今やってます。アハハヽ(′▽`)ノ


ああ…お母さん、あの川の向こうにあるきれいなお花畑はなに…?


わたしとってもあっちのほうにいきたいの…

第7の衝撃

DSでGBAのソフトが遊べるとわΣ(-□-;)


ところで脳取れ、一日に一通りトレーニングをやると、


もう記録が残らないのね(--;)


一日に10分くらいやると終了・・・



もう一本ソフト買ってくべ・・・orz



とりあえずFFDQファンとしては、FF3あたりかな??


愛無し

s○ftbankでわ、300円/月払うと携帯待受の片隅に天気予報マークがちょこんとでます。


市がかわるくらい場所を移動すると、そこの場所の天気予報に自動的に切り替わりまつ。

おでかけの時とか便利(^.^)


さて、今N市なんですが、携帯待受に雪だるまマークが…(-.-;)


今まで雪だるまがでてるの見たことなかったですが、やっぱこれ予報だよねぇ…(´・ω・`;)


とうとう降るのかN市…


遅れてきた冬ですかね。


インフルエンザも今頃流行ってきましたし。


昨日、うちの同僚がインフルエンザの迅速キット(+)になりますた。


「…やっぱ具合悪いから先帰るわ」っと言って去っていった後、他の同僚は、



…いっせいに


「さ、ドアノブ消毒しよ~っと」


「ねえ、彼もちろん明日休むんだよね?」


「え~昨日彼とランチのおかずとりかえっこしちゃった~」


「うわ家にタ○フルあったかな~」



…おまいら……


何て愛がないんだwwwww


仮にも医者なら、お大事にぐらい言ってやれよ。



…ん?おまえはどーしたって?


もちろん、迅速キットの結果をみて、「いーから帰れ。はよ帰れ。」


とゆって同僚本人をおうちに帰したのは私でつ…(^-^)


だってやだもんインフルエンザ♪(^-^;)

とうとう


N市で降られまスタ・・・orz

やっぱり

病棟から医局に戻ってきますたところ、



今月の給与明細from大学病院が机の上に置かれていますた。



袋とじのようになっているうちの病院の給与明細・・・



期待感など微塵も無くミシン目から開けていきますと。



ひらりん彡☆



となんか紙切れが出てきた。



「源泉徴収票」



だって。



その金額を見てみますと・・・




10月からしか勤めてないはずなのに、月給の優に20倍の給与をもらったことになってるし(゜▽゜)



源泉徴収税額だけで給与1ヵ月半分くらいになっている(ノёДё)ノ



桁が間違えてる??(-△-)


それともボーナスか??ボーナスなのか???(☆▽☆)




・・・よーくみると、(摘要)という欄に、




「前職給与」として、源泉徴収票に書いてある支払金額の4/5にあたる給与が書いてありますた。



さらに、



「前職:W病院」




・・・ってヲイwwww



W病院の給料分を大学の源泉徴収票に入れんじゃねー!!(#゜Д゜)ゴルァ


・・やっぱり大学はケチだった・・・orz

予感はしてましたが

お医者さんの仕事は、けっこう絵を描く場面があります。


うちの大学はいまだに紙カルテ(古っ)なので、レントゲンやCTなどのスケッチを書いたり、胃カメラやったらその所見を報告用紙に書くし、エコーやったらそれも報告書に絵を描く欄があります。


手とか顔に湿疹ができればそれもカルテにスケッチしときますし。



りんがせこせこ肺癌患者さんの脳メタ(転移)をカルテにスケッチしてましたところ、



通りかかったチューベンに




「絵心無さ過ぎっΣ(;゚Д゚)」




と一言www




まあ、気合入れないで書いたしもともと絵心ないかなあという予感は自分ではしてましたが、



それにしてもそこまで直接的に言われるとorzヘコッ



い・・・一応高校では美術選択してたんですが・・・



その後もこのチューベンにはことあるごとに「先生は絵心無いからねぇ」と言われわたしは絵心なしドクトール決定です(_--)_



   
上の左がスケッチ、右が本来あるべき脳MRIの姿ですが、



そんなに絵心無いかねぇ(υ--)

(あ、ちなみにどちらの図も、実際の患者さんのじゃなくて復元品ですよww)

思い切って

今日は毎週おなじみの教授回診前の新患カンファレンスが無かった・・・。


つまり、先週一週間我が科に新入院患者様がいなかったということ。



うちの県の皆様がお元気だった証拠ではありません。orz


今まで新患がいすぎて、他の科の病棟にうちの科のサテライト病室が多く点在していたため、



「すみません、お借りしてスミマセンでした」と謝りながらサテライトになっていた患者さんをうちの科の本来の病棟に戻していたため新患が入れなかったのであります。



今日は1日で7人新患が来たって言ってたかなあ(--;)



なんでこんなに皆さん病んでるの~!/(^o^)\



さて、新患カンファがないと、驚くほど仕事が早く終わります。



新患カンファは、受け持ちの症例をプレゼンテーションしている研修医、レジデントを、オーベンどもが



「○○の検査はやったの?」


「君、それまだ鑑別診断が甘いよ」


といってねちねちいぢめる会なので、長いときはこれ3時間ぐらいやってるんですよねwww



特にねちこいオーベンが出席していると長期化www



今日はこれがないという奇跡的な日でしたので、




思い切って明るいうちに帰ってしまおう!

明日早いし!!(8:30から血管造影)



と思っていましたら、




神様は見ていました。(・∀・)



そんなことを思ってしまったりんへの天罰が下された…(_--)_




(まあ医療関係者の間では、「今日は暇だな」と言うとそのとたんに急患が来るのでその科白は言ってはいけないというジンクスは常識です。)




夜6時。



飯を一口食べたうちのチームの受け持ちのおじいさん。





かはっ





・・・吐血した(-□-)・;:"・,




吐血した・・・





思い切り。




床ちだまり。




付き添いの奥さんalmost fainted(失神寸前)。





即座に胃カメラへ・・・




ひたすら止血・・・




終わって夜9時・・・







そこで思い出した!!



水曜の内分泌カンファの準備してないし・・・orz




多少低血糖になった方が脳は冴えるという理論を実証したwww




でmixiいぢってるのがこんな時間です。



あと9時間後にはまたこの場所に戻ってくるのか・・・(゜▽゜)




とすばやく経産で来てしまったのは



(ってなんちゅう変換すんねん。いくら医学関係者のパソコンだからってwww)



とすばやく計算出来てしまったのは、



脳トレの「時間計算」のせいだちくしょーめ!!ヽ(`△´)ノ

・・・別れました。

「・・・もうあなたとはお別れしようと思うの・・・」

「なんで・・・今まではうまくやってきたじゃないか。」

「でももう限界なの・・・あなたのやり方にはついていけない・・・」

「俺のやり方のどこがだめなんだ?ただ・・・、ただ、ほんの少し君より増殖が速いだけじゃないか・・・」

「そこがだめなのよ!あなたは、・・・仲間たちの栄養を横取りし、圧排して、それだけではあきたらず、他の仲間のところへも行こうとしている・・・!」

「・・・分かったよ。じゃあもう少し増殖のスピードを抑えるから。転移もやめるよ。それでいいだろう?」

「・・・違う、違うの・・・そうじゃないの。だって、分かるでしょ!?・・・あなたは肝細胞癌、私は正常肝細胞・・・ともに手を取り合って生きてはいけないのよ・・・」

「・・・そんな・・・俺も元をただせば同じ人間の細胞から出来た仲間なのに・・・」

「そうね・・・どこで私達道が違ってしまったのかしら・・・」

「・・・もう戻れないのか?やりなおしはできないのか!?」

「もしかしたらうんと遠い未来には・・・でもあなたは私がついていくには大きくなりすぎた・・・」

「俺と別れれば君もただでは済まないぞ・・・」

「・・・。いいえ、今日でお別れするって私決めたの。もう迷わないわ。ごめんなさい、でもこうするしかないの・・・これでまよわず成仏してちょうだい!!」

――――ファルモ○ビシン+リピ○ドール注入――――

「ぐわああああ・・・な ぜ だ ぁ ぁ・・・」





・・・以上、肝動脈塞栓術を見ながらりんの頭の中に浮かんだ妄想劇でした♪(・∀・)チャンチャン


だって大学病院だと放射線科の先生が血管造影やってくれるから、内科医は見てるだけで暇なんだもん♪

Road to 安静(1)

当直明けだというのに、耳鳴りが朝からぴたりとやんでる今日この頃ですが皆様いかがでお過ごししょうか。


やっぱステロイド30mgSUGEEEEE(゚Д゚)


と思うわけですが、しかし、ほんとこの後どうするよあたし。


耳鳴りのためだけに一生30mgはやなんですけど。


っていうか、ステロイド30mgでカバーしなけりゃならんほどストレスがかかっていると読むべきなのか?








・・・というわけで、ステロイドに次ぐ突発性難聴(つうかステロイド依存性難聴か)の治療法、安静を目指して、久しぶりの連日ネタで行こうかと。


まぁこれがネタになることが判明している時点で、最低でも今週はとうてい安静になどできないスケジュールであることが分かっているわけですがwwww






まず一発目は、昨日の当直から。




夜に、じりりりりんと医局の電話が鳴りますた。


りん:「はい医局でーす」(キャラのためか、つい気楽な調子で出てしまうんですよねwww)


看護師さん:「いつもDMで外来にかかっている患者さんが、なんか今日突然意味不明なことを言いだしたりあやしげな行動をしたりし始めたので見て欲しいというお電話がかかってきているのですが・・・」


(;゚Д゚)さっそくアンチ安静フラグ?


りん:「それは低血糖なんじゃ?血糖値がその場で測れるようなら測ってもらってください。」


看護師さん:「あー、えーと、・・・ないって言ってますね。」


りん:「じゃー来てもらうしかないですね。何分ぐらいかかるんですか?」


看護師さん:「えーと、・・・30分くらいだそうです。」


そ れ は( 。A。)オセー


りん:「病院に駆けつける前に、何らかの方法で糖分摂らせた方がいいですよ。」


看護師さん:「そうですよね・・・って、あ、切れちゃった。電話。」


(´Д`)


看護師さん:「今からカルテを事務所から出して電話番号調べてだと・・・電話掛け直すのが早いか患者さん来るのが早いかどっちかって感じですね・・・」


(つД-)シクシク



仕方ないので、やきもきしながら患者様のご到着を待ちますた。


この病院の医局は、外来玄関のすぐ横に面しているため、窓から患者さんの車が入ってくるのが見えまつ。


およそ40分後、夜道を上がってくる車のライトと音。


来た来た。


待ちかまえてた看護師さんが玄関先で応対していると思しき気配がします。


・・・(´・ω・`)長いな・・・・


その後、医局の扉がコンコンされますた。


りん:「来ました?」


看護師さん:「来るには来たんですが・・・。


途中でバナナを食べさせたそうなんですよ。


そしたら全然ふつーに戻っちゃって・・・。


本人が、俺はフツーだから病院にかかりたくないって。」


( 。A。)ヒョイーン


看護師さん:「今さっきまでそこで押し問答してたんですよ。」


りん:「そ、それは・・・お疲れ様でございます。


病院玄関から足を踏み入れなくてもいいから、せめて血糖値だけ測らせてもらったらどうですか?」


看護師さん:「いや、それが、あの・・・」


玄関先から、ぶいーんと遠ざかる車の音。


看護師さん:「もう行っちゃいまして・・・」


...( _--)_


щ(#゚Д゚щ)クォラ!!


いいのんけそんなことでwwwww


看護師さん:「血糖測定器も用意してたんですが・・・」


りんさんと、看護師さんとの間で、ぬるぽな空気が流れますた・・・。




これじゃ私だけじゃなくて夜勤の看護師さんまで耳鳴りがしちゃうでしょwwww


精神的ダメージでwwwww


安静計画、初日、とりあえず頓挫wwwww


明日に期待。T病院、外来(先週代わってもらった代わり)

Road to 安静(2)

大変なことが分かりますたよ。



そもそも突発性難聴ではなかったようです。


若年女性に多い、ストレスで誘発される、低音障害型の突然の感音性難聴は、「急性低音障害型感音難聴」という名前がついていますが、特発性難聴とは違う疾患概念なんだそうです。



なんてこったい/(^o^)\


名前からして、突発性難聴の亜型なんだと思ってたよ。


だから、この前までの日記は間違いねwwwwサーセンwwwwww



メニエール病でめまいのない型だとか内耳リンパ水腫で蝸牛にしか浮腫のない奴という説もあり、


どちらかと言えばメニエールの類縁疾患といえるらしい。



へー。( ゚Д゚)




治療は確立されたものはないようなのですが、基本は突難に使うATP、VitB12、などを中心に、特に難聴がそれなりな場合はステロイドを使うのが多数派っぽい。(あくまでネットで得た情報ですからどこまで信憑性が高いかはなんともいえませんがwwww)


先生によっては、早期にステロイドがいいんじゃ!ということでさくっと使う人もいれば、副作用があるから別の治療で無効だった場合だけ追加するよんという意見の先生もいて、分かれるところのようです。


初期投与は30mgが多いみたいね。テーパリングの目安を書いている文献では4~5日が多いようです。


改善は早いのが多いようですが、数10%程度の割合で難治性なものもあるようです。


ある先生のHPによれば、ステロイドテーパリング(だんだん減らすこと)中に症状が再燃することはしばしばあるようで、その時は少し戻して、もう少し慎重にテイパーするとのこと。




・・・というわけで、とりあえずりんさんの中では、ともかくこの前15mgでは維持できてたっぽいのでそこまではとりあえずステロイドを減らしていただいて、そこから先慎重に減量(2weekごとくらいに)でいかがかと思うんですが、どうでしょうか。


後は、どうしてもテイパーできなければメニエールで使う利尿剤とか、五苓散みたいな漢方を併用してステロイドは少しでも減らすとか。



もうマンドクサいから耳鳴りしてる状態で長期放置というのは、聴力低下固定に向かうデッドロードで選択肢としてありえないようです。



時間がかかるのは1~2か月の経過だってさwwww





はー(´Д`)マンドクサ。


時にストレスのたびに繰り返す病態もあるそうでやんすwww





とりあえず神様的なものに言っときますが、こうして体にかかっているストレスを遠まわし的に指摘されても、新たなストレスが増やされてるだけで、今のりんさんにははっきりいって逆効果ですからね?

Road to 安静(3)

ステロイド20mg飲んでるにもかかわらす、前腕に蕁麻疹の出没する内科医の運営する奇跡のブログへようこそ。


今まで、ステロイドっちうのは免疫を抑制するもので、蕁麻疹っちうものは免疫的機序でなるもんだと思っていましたが、


己の身が根本からの概念を覆しそうですwww


確かに、常時IgE3000越えで、アレルギーばっちこーい!Щ(゚Д゚Щ)という体質ではありますがwww




さて、安静への道第3弾として、ただ今秋田に来ています!(≧▽≦)ノシ


どこが安静かという議論はさておいて。


秋田大学とのコラボレート研究プログラムがあり、その研究会の出席のため来たのですが、


自身の発表はなく気が向くだけ研究会を聴講して、後は帰ってくるだけというお気楽なもの。


オーベン初め周りには「むしろ骨休めしてこい」と暖かく送り出していただき、


研究会は初日だけ半日参加で、後は出来るかぎり秋田を満喫するコースで(笑)


秋田は秋田駒ヶ岳、鳥海山やはたまた田沢湖、乳頭温泉郷、角館、男鹿半島など車でアクセスすること幾数回の地ではありますが、


電車できたのは初めてでつ。


新幹線こまちは、鉄ちゃんまたは鉄子さんなら一度は乗るべきでしょうね。
20090625201029


新幹線が、高架じゃなくてふつーに地べたを走り、踏切を渡ったりホームしかない駅を通過したりする様が新鮮すぎですwww

途中大曲駅ではスイッチバックすら演じてみせます。


まずこれでかなり興じれます。


駅弁で仙台牛タン弁当を買ってみたら、即席温め装置付きでした。
20090624233654


ひもを引くとカイロに似た原理で温まるというやつ。


温かいのが食べられるのはいい工夫だよね。



研究会の方は、いつも参加してる内分泌学会とかみたいに分野が限られておらず、


なぜ鳥インフルは重症化するのかなど自分の専門から離れまくりの演題もあり、それはそれで結構興味を持って聞けた。


昨日ちょうどラボのジャーナルクラブで紛糾したRNAiのプロモーターの話もあったし。(ま、manmmalianじゃなくてdrosophilaでの話でしたがwww)


研究会終了後、懇親会はブッチさせていただいて、


相方の調べておいてくれたお寿司やさんへ。


きりたんぽ鍋というアイディアもあったんですが、


こちらはあまりに天気よくて鍋という感じでもなくwww


名物ハタハタは旬ではなかったですが、


クエ(なんて初めて食べました)、ヒラメ、アジ、ボタンエビなどが旬でいずれもさっぱりとしながらねっとりとした脂が(´ー、`)


秀逸だったのは、サザエの壷焼きの余った汁に、熱燗のお酒を注ぎ入れた一杯☆


サザエの貝殻に残ったつゆを指して、私が「ここにいい出汁が残ってる」とつぶやいたのを板さんがすかさず聞き付けて作ってくれますた。


これにはほとんど飲めない相方も「うまい」と。


他には、中トロにたくあん、しそを沿え、胡麻をまぶしたご飯と海苔で裏巻にしたやつが思いのほか上手くて2回注文しちゃいました。


沢庵とトロがまた合うんだ。


鮮度は落ちますが、家庭でも再現できそうだよね。


後は秋田ということで少々地酒をwww


刈穂という銘柄のだいぎんじゃうは、ほとんど県外に流出せず、珍しいよなんて薦められるもんだからwww


これじゃなんのために先週の飲み会でステロイド飲んでるからって烏龍茶で過ごしたのか分からんwww


ま、まぁともかく、明日は相方が行ったことのないという角館に寄って、お家に帰ります。


んですぐ当直(笑)


遥かなり安静への道、がむばれ自分www

続きを読む »

Road to 安静(4)

当直室よりこんばんわ。(・∀・)ノ



何だか、新幹線とか高速道路とか、移動時間があまりに短い乗り物で旅をすると、


今日の朝までは秋田にいたのに、その日の夜には地元で当直なんてことが出来てしまうあまり、


今朝秋田にいたことは現実だったのか確信が持てなくなってくるなんていう妙な現象に捕らわれておりますwwww





それで、本日は安静への道第4弾として、秋田小旅行記の続きを。


とにかく夕方5時には地元に帰って当直へ向かわねばならないというりんさんサイドの制約により、


秋田での最終滞在limitは12時台。


研究会は朝10時からなので、今日は参加しても1時間足らずとなってしまう・・・という言い訳の元、


思い切りよくブッチwww


んで、午前中だけで行ってこれる秋田的なところ、というわけで角館へ。


今回の相方さんは初めて訪れるとのことです。田沢湖には行ったことあるけど、角館はないと。


りんさんの前でうっかり武家屋敷的な古い建物が好きと言ってしまったので半ば強制的に連行したのですがwwww


桜の季節でもないですし、平日の午前中ということもあってとても空いていますた。
20090625201033



美しい特徴的な黒塀が写真でダークアウトしている(笑のでもお分かりの通り、秋田は2日連続ピーカン晴れで、無防備な首筋が焼けた焼けたwwww


むしろこっち来て当直先の方が涼しいくらいです。


青柳家や、黒田家などの当時の建物が残る武家屋敷を見て回りました。
20090625201036


右端が相方さん。


黒田家は今回初めて入りましたが、案内の人が説明してくれて分かりやすかったです。


今でも見学できる部屋の奥の方には、15代目だかの黒田さんがお住まいとのことですが、


相方さん曰く、「見学料でも取って見せないと、これだけのものを維持するのは住む人にとっては大変なんだろうね。」


とたんに、入り口で払った入館料が、「観光客相手のもうけ主義」的なものから「むしろ寄付金?」みたいなものにりんさんの中で変わったよwww


それにしても、武家屋敷は木がとても古いものが多く、武家屋敷が整備された当時から、平和を反映して広く作られているという道を歩くと、それだけでゆったりした時間にいやされますた(´∀`)。


よく考えたら平日の昼間で、にも関わらずなんかこんなことしてるのが申し訳ないような気分にもなりますたがwww


後はおきまりの稲庭うどんを食べまして、(ごまだれで食べさせるお店で、つるつるしこしこでおいしかった!)、駅前で生もろこしを購入してお帰りしました。





んで、今当直です。


珍しく、急性期病棟から、「見に来て欲しい人がいるんですが・・・」と電話が。


電話で指示じゃすまないらしい。


行くと、見たことある患者さんの名前が書かれたカルテが。


りんさんが別の曜日に外来してたときよく見てた、高血圧の元気なおじいさん。


心拡大があったから、心不全かなんかかな?と思いつつ検査データを見ますと、トランス(肝機能ね)3桁、ビリルビン(黄疸を示す数値ね)2桁、CK5桁、クレアチニン(腎臓の値ね)6、CRP(炎症の値ね)30台wwwwww


何があったwwwwwwww


CTを見ますれば、胆管が拡張し、胆嚢にころころと胆石がww


急性閉塞性胆管炎wwww


ぱねぇwwwww


来たときはすでにMOF(多臓器不全)の状態で、看護師さん曰く、あれよあれよという間に挿管になったそうですwwww


DOA(ドーパミン。昇圧剤)maxで血圧70台www


すぐにNAD(ノルアドレナリン。強力な昇圧剤)を足しますたww


もはや血小板もわずかで、胆管ドレナージとかいうレベルですらありません。


搬送しようにも、動かせないwww


FOYとかアルブミンとか、見たくない薬がいっぱいぶらさがってて、NADを足したときなどは他のDOA0.1γとかでたるく使っていた患者さんのシリンジポンプを剥がしてきて追加するような、そんな病棟中大騒ぎに。


・・・人間ってほんと一寸先は闇ね・・・いろんな意味でね・・・


神様はやっぱ見てんのかな・・・


カルテに、ガチで「今晩が峠」って院長の字で書いてありましたwwww


かくして、やっぱり遙かなりける安静への道wwwww
続きを読む »

Road to 安静(5)

昨日、ようやく外勤を終えてふらふらとお家に辿り着きましたら、某病院から6月分の給与明細が届いておりますた。


一目見てカツモクしますた。




支払総額が0円wwwwww
(↓証拠物件B号)
kyuyomeisai.jpg




ちょwwwww




何度見なおしても0円であります。確かにその病院で6月当直を一回しましたが、このままだと、タダ働きってことぉ!?( ゚Д゚;)


やだ。


安静への遠い道のりを押してがんばって当直したのに。





翌朝、電話をしますれば、「あっwwすいません。6月の先生の当直は、7月分の給料に反映されます。先生は5月働かれていないのにまちがって6月分の給与明細を送ってしまったものなので、それは破棄してくださいwwww」


とのこと。


せめてこの電話代だけでも返せゴルァ(#゚Д゚)







・・・そんなやりとりが功を奏した・・・わけではないと思いたいですが、昨日からステロイド15mgに減らして、で今朝からまた耳鳴り再発wwwww


もうどんだけステロイドに依存したいんだ自分の内耳wwwww


この前再発したmg数より増えていまつ。


耳鼻科に出頭して、イソ○イド(メニエールで使う利尿薬)を出してもらいますた。


銀色の縦長の袋に入っている、水薬です。一本30mlあるから結構ぎょっとする見た目www


受付で薬をもらうとき、いやに看護師さんが入念に薬の説明をしてくれますた。ああ、いやな予感がします。


「冷やすと飲みやすいですよ。それでもだめならリンゴジュースかグレープフルーツジュースに混ぜて飲んでください。」


そもそも果物指定ってどんだけ?(´・ω・`)




おうちに帰って、お昼の分を飲んでみることにしますた。


味の感じ方って人によって違うもんね。意外と、りんさんは大丈夫かもしれないし。


まずは、生一本で。


くい。





( ゚Д゚)マズー




結構な苦みと、刺激のある味を、それを相殺するに余りある甘さでうめて失敗した好例wwwwww


今度興○のMRさんに会ったら一言物申さねばwww


リバ○のプロモーションしてる場合じゃねwwwイソ○イドの味をなんとかする方が先じゃwwwwwww




ですが、良薬口に苦しの例か、今は耳鳴りおさまってきてます。


やっぱり内耳のリンパ水腫的なアレなのか。


それとも、前と同じで日内変動かwww


とにかく、ステロイドテーパーに向けてがむばるしかない。





耳鼻科の先生に、それとなく「耳鳴りって結構長引くもんなんですねぇ?(つうかほんとにこんなに治るのに時間かかるもんなの?)」と聞いてみますれば、


耳鼻科の先生:「いやー、先生の場合はお忙しくて安静が保てないからではないでしょうか・・・」


ぐは( ゚д゚)∴▪ ・


・・・ステロイド20mg盛りつつ秋田行って酒飲んで翌日その足で当直したなんて知られたら主治医に見放される。


私ならそうするwwwww


絶対耳鼻科の先生にこのブログ見られたら終わりだなwwwww


知られるわけがないとは思いまつが・・・。


外勤先の病院である日いきなりリンク貼られてるなんてこともあったからなぁ・・・(トオイメ


良い子のみなさんはこんな不良内科医の治療を真似しちゃ絶対にだめですよ(`・ω・´)


つうか患者さんって医者が思ってる以上にコンプライアンス悪いんだよねwwwwきっとねwwwwwww

Road to 安静(7)

漢方薬をコーヒーで飲もうとしていたら後輩の院生に、「先生!!漢方は微温湯か水で飲まないと!!!」と止められた今日この頃ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。


ですが、非常に遺憾ながら、その一つ前の内服を野菜ジュースと春雨スープで行ったわけですがwww


必殺の、よい患者様は真似しないでね攻撃ww




漢方薬は食間に服用してくださいとよく言われますが、食間って難しいよね。


だいたい考えるに、一日のうちで「食間」って2回しかなくね?(;゚Д゚)


だってそもそも食事が3食じゃん。




・・・仕方ないので、りんさんのライフスタイルに合わせて、程よく間隔が開くように食間を考えてみたわけですよ。


まず9時頃起きて朝飯喰うから、初めの1回は11時頃ね。


次は昼と夜飯の間、まー、16時頃かな。


あとは夕飯前の21時頃。


これで均等に5時間ずつ開くだろ。






って定めてみたんですが、11時頃って、大学について実験やり始めて最初の佳境に入るくらいの時間なんだよねこれが。


(今、時間南田米子レが、って変換されたwww)


まず五苓散投与初日で、飲み忘れたwww


しかも、忙しくて昼飯が午後2時頃になった。


そこで1回目を飲んだから、後はもう計画が全てグダグダwww


今は諦めて食後投与してます。





ですが、そんな飲み方が悪かったのか、今日の昼頃から何か飲み込もうとすると喉の奥がつっかかってるような違和感がwww


なんつうか、肺癌取扱い規約に沿って言えば、1番2番あたりのリンパ節が腫れて食道を圧排していると言われれば納得できるようなそんな感じ。


よく喉の奥の違和感を訴えていらっしゃる患者さんがいて、胃カメラとか耳鼻科行ってもらっても何もなくて、うーん精神科的なものかねとなることがあるんですが、いや、こういう飲み込むときの違和感なんていう症状って実際出るのねwww




と思ってなにげに軟口蓋の方をベロで触れてみると、何かガタガタにびらん状になってますが何か?wwwww


これもしかして頚部食道の方までずっとこんなびらん?


証を微妙に間違えたかちら?


勢い余って五苓散1ヶ月分も処方してもらっちゃったのにwwww



とりあえず今日の夜分はやめてみます・・・。orz





そんな違和感の中、先ほどおまわりさんからお電話がかかってきますた。


(;゚Д゚)おっ、おまわりさん!?


警察のご厄介になるような何か、私、しでかしました!?まったく記憶にないですけどwww





・・・昼間のどなたかドクターが発行された死体検案書の疑義照会ですたwww


死因の(イ)欄に、「摂食障害、低栄養」と書いてあるのに、死亡までの時間が3時間はないだろうとww


3週間の間違いではないかとwww


そんなもん当直医が訂正できるかぁっ!!(#゚Д゚)


・・・確かに私も3週間に一票投じますが。


やむを得ず検案書書いたドクターを呼び出しますたよorz。





相変わらず、安静への道のりが遠い当直です(笑

Search this site
Profile
Author:りん@ぜんまい仕掛け

りん@ぜんまい仕掛け

管理人キーワード: アラサー, 草食系内科医, 夜行性, 喪女, 妄想癖, 設定厨, ニコ厨, ゲーマー, やまのぼらー

*リンクフリー*
*Only in Japanese*
*コンテンツは特別に注意書きがない限り転載自由、出典明記要りません。
ただし無断の商用利用と盗作はご勘弁願います*
*古いログの方が面白いと思う*
*万一シを読むために訪れたという奇特な人がいましたら、リンク下の方にあります*


管理者ページ
Follow me
りんシまとめますた(・∀・)
りんシダイジェスト版は↓
Mail

name:
address:
body:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。