RSSリーダー
Archive(Monthly
10 | 2006/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Counter
since June, 2008
Favorite
QRcode
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インシデントレポート製造マシーン りん

昔、W病院の新人看護師さんが、りんの患者様にモルヒネを間違って2倍配薬しちゃった、というインシデントが起きますた。(飲む寸前で別の看護師さんに止められた。)

りんに向かって平謝り(私より患者さんにゆった方がいいんじゃないかとも思いましたが、)しまくるので、励ますために、りんが過去やらかしたインシデント事例をあげ、誰でもやりうることだから、やったこと自体を気にするんではなくて、再発防止をすればいいんだよ、と伝えようと試みました。


事例1:
入職して1週間ぐらいの出来事。
肺癌で末期、化学療法中にDICを起こした患者さん。おしっこが出ない、とのことで病棟から呼ばれ、オーベンに報告したら「ラシッ○ス打っといて~」の軽い返事。
ラシッ○ス持って患者さんのところへ行きますた。
2本ルートが取ってあって、1本からフサ○が、もう1本からMAPが落ちてます。
どっちもいわゆるメインの輸液ではなく、ラシッ○ス打っていい雰囲気ではありません・・・(--;)
悩んだ挙句、MAPは絶対だめだろう、と判断し、フサ○ルートよりiv・・・


ルートが一気に白く濁りますた。


Σ(゜▽゜|||)

いや~あせりました。そのとき、一つ上の先輩研修医はよりによって外勤日です。それより上のオーベンは外来中。
やむを得ず、薬剤師さんにきいたら配合禁忌薬とのこと。
そのときまで配合禁忌という事象があることすら知らんかった・・・(ToT)
とにかくすぐルートを交換して、濁りがすぐに消えたなら、たぶん大丈夫とは思うけど、結晶が飛べば肺塞栓もありうる、ということで、モニターつけてひやひやしながら別の患者さんの検査出しに行きますた。
とりあえず、病棟からは大丈夫そう、の声に一安心。

先輩研修医が戻った後、御報告。
「私を待たずにすぐ上に言わなきゃだめだよー!!」
と一喝されますた( _ _|||)。
それでも、インシデントレポートを書くときには、新人研修医と知っててただ「ラシッ○ス打っとけ」という指示をだしたオーベンも悪いから、必ず連名でレポートを書くように、とオーベンにかけあってくれたのを覚えています。
入職後いきなりのインシデントレポートで、これは医者の適性ないんだ、やめようかな、とかなりショックを受けた出来事でした。
以来りんの白衣のポケットには、緊急で使いそうな薬たちの配合禁忌表が入ってます(--;)


事例2:
乳腺・内分泌外科をローテーション中の出来事。
乳癌患者さんは外来でMRIをとることが多いため、放射線科Dr.の手が足らないとのことで、研修医が造影剤を打ちにいくシステムになってますた。
その日も、病棟業務中に放射線部よりお呼び出し。
あわててMRI室に行き、白衣のポッケから研修医必須アイテムのはさみとか、内科医のシンボル、聴診器とかを取り出してMRI室の強力な磁場に備えますた。
で、MRIの装置の中に寝そべってる患者さんに造影剤を注射しようと近づいたところ・・・


私のポッケから何かがすっ飛びだし、患者さんをかすめて飛びますた。



Σ(゜▽゜|||)

まじびびりますた。技師さんもかなり必死な顔ですっ飛んできますた。
飛んだペアン鉗子は、ガショーン!!という派手な音とともに、MRI装置の裏側にべたっと張り付きますた。

患者さんの腕にも若干当たった様子で、「痛かった~(;o;)」と言われますた。ちょっと傷になりますた(ToT)
この患者さんは、外来に前カレや、今カレを交互に同伴してくるのですが、そのカレシがみんな怖い系の人である、という情報を得て、これは確実に訴えられる~とひやひやしておりました。

翌日外来に来た患者さんと今カレに、オーベンともども詫びを入れますた。
幸いにも「注意してくださいね。」という一言で済みますた。
その筋の本職は、素人には手を出さないと聞きましたが、本当なんだな、と思った瞬間です。( _ _|||)

以来、りんはよほど暑くない限りは、長袖白衣にペンその他を入れておき、MRI室に入るときは長袖白衣ごと脱ぐ、というようにするようにしてます。
MRI室技師さんも、りんの顔を見ると、(先生ポッケポッケ!!)みたいな感じでポケットをぱたぱた叩くジェスチャーをする、というのが1年は続きました(--;)

更に乳腺外科の先生には「○○(りんの本名)シンドローム」というかなり不名誉な病名をつけられ、MRI室に入るときは「○○シンドローム多発地域である!心せよ!」「ラジャー!」、みたいなノリでしばらく弄ばれました(T□T)。


他にも、ペルジ○ンにチビアンプルとデカアンプルがあることを知らず、デカアンプルを1A 1時間で点滴静注しようとしてベテラン看護師さんにすんでで止められたり、
患者さんを間違えて採血して、患者さん自身に「スピッツに書いてある名前が違うみたいよ~」と指摘されたり、

覚えているだけでも1年目だけでかなりやらかした(T□T)

医療ミスをする医師はリピーターになる、みたいな報道もされてた時期で、りんもそうなるんだ~適性ないならはやくやめちゃおうかな~つーかやめるべき?(ToT)とインシデントした日は真剣に悩みますた。


そんなりんも、2年目以降、ぴたっとインシデントレポート製造することは不思議とおさまりますた。c-(-ε-)


・・・という話をしたところ、
「分かりました!!ありがとうございます!!」
と新人W病院ナースはぺこり頭を下げますた。



で、翌日より、

「先生!その指示、本当に間違えてませんかあ?」

「先生!患者さん間違えてないでしょうね~」

となぜかその新人ナースより注意されるようになりますた・・・( _ _)



そういう解釈の仕方かい!!!

りんはインシデント製造マシーンと思われて終わったみたいです・・・(^^;)

スポンサーサイト
Search this site
Profile
Author:りん@ぜんまい仕掛け

りん@ぜんまい仕掛け

管理人キーワード: アラサー, 草食系内科医, 夜行性, 喪女, 妄想癖, 設定厨, ニコ厨, ゲーマー, やまのぼらー

*リンクフリー*
*Only in Japanese*
*コンテンツは特別に注意書きがない限り転載自由、出典明記要りません。
ただし無断の商用利用と盗作はご勘弁願います*
*古いログの方が面白いと思う*
*万一シを読むために訪れたという奇特な人がいましたら、リンク下の方にあります*


管理者ページ
Follow me
りんシまとめますた(・∀・)
りんシダイジェスト版は↓
Mail

name:
address:
body:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。