RSSリーダー
Archive(Monthly
07 | 2008/08 | 09
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Counter
since June, 2008
Favorite
QRcode
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高原へいらっしゃい(1)

週末、金曜だけ休みをもらって、後立山連峰は唐松岳へ行こうと計画してたんですけど、


ツレが胃腸炎に倒れたため、計画が頓挫www


でも実験とかはソレ用に止め気味にしてしまったし、休みって方々に触れ回ったのでいまさら違う日にするのも面倒でwww


そこで、かねてより「白濁の湯」でかなりいいお湯らしいとうわさだけは聞いてた、万座温泉へ泊まってみようと思い立ちますた。


手前の草津は何度も行ったけどね。万座へ行くのは初めてでつ。


ついでに、翌日志賀高原の奥峰、岩菅山へ登ってこようという計画に急遽変更いたしました。


吾妻川の北側を通る、通称「日陰道」を通って一路草津へ。


道中「ダムに沈む温泉」川原湯温泉を通りますた。


私がモノ心ついた頃から完全に寂れた温泉だったのに、ダムに沈んでしまうというレア感が噂を呼び、「ひなびた感じがいい」みたいなアレで結構来る人が多くなったらしいwww


皮肉なもんです(汗


それにしても、紅葉の名所でもあり、カルタにも「耶馬溪偲ぶ吾妻峡」と詠われたここ、本気でダムに沈めるんかね?


と思ってましたが、峡谷のいたるところに橋げた工事がされてて、いや本気みたいですねwwお国もwwww


しかもその橋げたの高さが半端なかったwww水に沈めば気づかないだろうけど、先に沈む前を見てるとちょっと通るのがはばかられるねwww


それにしても相変わらず市民のほんとの憩いを分かっちゃいねーな。


長野原線の途中にある、それトンネルいらなくね?とツッコミたくなる激短いトンネルがあって、いつも通るたびに見ては電車が通らないかな~って楽しみにしてたんだけど、アレも沈むんだよねww


今のうちに「何コレ珍百景」に出しとくべきか?(ワラ


なんか一個人の寂しい感情を超えてかなりアレなアレです


ま、そういうクライ話はとりあえず置いといて。


草津白根山を登る国道も、広々とした草地に覆われた山塊が広がってて、ドライブコースとしても楽しいです♪


途中「駐停車厳禁」と書かれた、硫化水素がもうもうと噴き上げてる恐ろしいところを通りますけどwww


へをこいて申告漏れしても絶対分からないことうけあいです(笑


白根山のお釜へ登る人たちの行列を横目に、志賀高原を経由して長野県は上田まで続いている道を進み、志賀高原の手前で左に折れて少し下ると万座温泉がありまつ。


草津も町に差し掛かったとたんに硫黄のにおいがするけど、万座も半端なく硫黄臭が漂いましたwww


しかも、山の中腹がごっそり削れてて、そこから湯気が噴出してますww


ここに自分いて・・・生きて帰れるか?(;゚Д゚)と一瞬思わせるような温泉地です(笑


泊まった宿は、2種類の源泉が引かれていて、ひとつは想像通りの白濁の湯でしたが、もういっこは白濁を通り越して黄濁の湯でしたww


とにかく、鮮やかな蛍光イエローなんだよね。お湯が。一瞬、「バス○リン入れたか?」って思うくらいwww


よくみると湯の中に細かい黄色の湯の花が浮いているのでした。


つーか、これはっきり言って硫黄原子のコロイド溶液だろwww


レーザーポインタ持ってきて光を通せばチンダル現象が観察されそうだよwww


お湯の注ぎ口にはごっそりと黄色い硫黄がペンキを塗ったようにこびりついてますた。


いや、・・・なんか見た目だけでも効きそうですww


ひと浴びしただけで肌はつるっつるです。


たぶん何かが一枚剥けたんでしょう(笑


pH2だそうです。硫黄とか硫酸とかがごっそり含まれてるらしいよ(汗


あ、でも乳頭温泉郷の大釜温泉というところは成分表示に「含砒素」って書いてあってのけぞったことがあったけどね。


温泉成分表示をみて、「加水って、水で薄めてるの!?」って失望した感じの人がいらっしゃいましたが・・・。


その上の源泉温度を見てください。78℃って書いてありますよwww


うめなきゃ入れないよwww


この黄色い硫黄泉は、しっかり温まるけど、湯上りは限りなくさらっとするアレで、夏でもおすすめのお湯です。


たっぷりお湯を堪能して、一日目はおしまいです。


さて、明日は早起きして山登りですよ。


なぜか山登りのときだけは早起きできる体質のりんであります(笑


続きは別のログで。
スポンサーサイト
Search this site
Profile
Author:りん@ぜんまい仕掛け

りん@ぜんまい仕掛け

管理人キーワード: アラサー, 草食系内科医, 夜行性, 喪女, 妄想癖, 設定厨, ニコ厨, ゲーマー, やまのぼらー

*リンクフリー*
*Only in Japanese*
*コンテンツは特別に注意書きがない限り転載自由、出典明記要りません。
ただし無断の商用利用と盗作はご勘弁願います*
*古いログの方が面白いと思う*
*万一シを読むために訪れたという奇特な人がいましたら、リンク下の方にあります*


管理者ページ
Follow me
りんシまとめますた(・∀・)
りんシダイジェスト版は↓
Mail

name:
address:
body:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。