RSSリーダー
Archive(Monthly
01 | 2010/02 | 03
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
Counter
since June, 2008
Favorite
QRcode
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天職に転職とかwwあと読書感想文も少し

「夜に大雪」の予報の日に、夜に時間のかかる実験を計画した私が今日の星座No.1なわけがないと思う今日この頃ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。



占いなんて占いなんてぇ~・゚・(つД`)・゚・ ウェ―ン







さて、昨日、本屋さんに本を買いに行って、つくづく思いますた。




私は職業選択を間違えた。




私は今も昔も間違いなく、本屋の店員さんになりたい人だったのだ。




もちろん、趣味を仕事にして大変なことはいっぱいあると思うよ。でも好きなもんの山の中から好きなもん見つけるために好きなもんに埋もれて、見つけ出したお勧めをこっそり平積みにしてポップつけたりしたのをお客さんが手にとって買っていってくれたりするのを影で見る・・・




たのしーよ。絶対たのしーよ。




少なくとも、「(゚Д゚)ハァ?iPS?そんなに寿命を無視して生きてどうすんの?生命舐めてんの?」と思う人間が医者やってるのよりは天職じゃまいかとwww




ただねぇ、こういう、とりあえず今の職業にやになって放り出したくなっただけだべそれ、って時に蘇る言葉ってのがありましてね。




学生時代に、「なんで地元の医学部に入ったの?」って聞かれることがままあったんですよね。



さらに、もちっと露骨に「あんたがこんなとこに入らず東京とか出てたら、その分一人誰かが医学部に合格できたんじゃないの?」ってね。




まぁ、発言の意図は答えに窮する私を見てほくそ笑みたいか、私はあなたに悪意があります表明か、そんなようなとこでしょうから、




たぶんその時は、「自分の学力でいけるとこに行って何が悪い!」か、「うん、そうだね。あんたと私で、2人分の医者希望の人の人生を絶ったね。」と答えたと思うのですよね。





でも転職してー、ダーマ神殿行きてー、みたいな気分の時、やっぱり人蹴落としてきたからにはまっとうしろよ、みたいな声として聞こえてくるわけですよ。




聞いた時はスルーするような他人の言葉も、こんな後々になって心に引っかかり続けるのね。




少し話逸れますが。呪ってのはほんと存在すると思うよね。




言葉で人の心に楔を打ち込むって意味で。




中学生の時、自習時間にマンガ読んでて教師に没収され、卒業式前に担任のとこに取りに行ったことがありますた。



担任は分かりやすい熱血教師だったから、返してもらう時、「これでやっと卒業ができます」みたいな科白を私が言ったら泣くかな、と思って実行したら・・・本気で涙目になられまして。



あぁ、やろうと思えば人の心って操れるんだと後ろ寒くなった、その時以来、呪を信じてますww






で、本題に戻って、いきさつはともあれ、この職業に関わったことで、なにがしかの責任というか、途中で放り出したら迷惑かかる人が出てくるようになってしまったとも思うし。



・・・いや、いくらでも代わりはいるからやる気がないならさっさとどっかいって、と言われるかもしれませんがwww




そぉ言われると、「やだもーん。意地でも食らいついて離れないもーん(#゚Д゚)」と言い返したくなるあまのじゃくでもありwww




なんだかんだで今の職業から脱せないし、いくらなんでも今とりかかってる仕事くらいはまっとうせねばとも思いますが、



レジで応対する店員さんが無性に羨ましかったことだけは確か(爆











で、その羨ましい店員さんから買った本ですが、



「獣の奏者」




見たら、前読みたいと言っていた「精霊の守り人」と同じ作者だったwww



4巻で完結なのですが、とりあえず、文庫になってる初めの2巻(もともと、2巻完結のつもりで出された本らしいですし)だけ購入。





・・・深ーいファンタジーですwww



決してきれいなだけでは済まされない人間の世の中を書いた作品で、ていうかえぐるような現実の方が強烈に描かれてるお話で、空想の種族や生物がでてくるだけでごめんなさいなファンタジー嫌いの人こそ読んでほしいようなアレです。夢見る純情少年は読まないほうがいいか、読んでもうわっつらしか理解できないのではww



教育テレビでアニメになるそうですが、どう料理するんだコレwwww




で強く思ったのが、人間の好奇心はどうして暴いてはいけない真実を明るみに出しちゃいたがるのかということ。



あと中途半端に知ってる状態にさせとくのが一番危険だということ。



知恵の木の実を食べるのは本当に罪だったんだと思うよね。



でも、じゃぁそれなら知恵の木の実になんて興味が湧かないように作ればよかったんじゃまいかとも思うがwww




神様はバカなの?




それともそのように作れば長らく天から眺めてても飽きないだろうと予想する程度には全知全能なの?




というより、背景にある原因を探りたがる脳というのは、危険をより先に予知し回避しやすくするという点で生存選択にとても有利だったけれど、その脳がまさかなぜ自分は生きてるのかなんて生命の根幹に関わる謎にまで原因を求めようとしだすとは、進化の過程にも想定外だったんだろうなwww








それにしても、お外が「クロスカントリースキーで帰るのが最適解w」と言いたくなるような驚きの白さですww



今日はマウスの世話は省略ww



人に慣れない獣代表、人間に操られる哀れな獣代表、がんばって自力で生きてwwww
スポンサーサイト
Search this site
Profile
Author:りん@ぜんまい仕掛け

りん@ぜんまい仕掛け

管理人キーワード: アラサー, 草食系内科医, 夜行性, 喪女, 妄想癖, 設定厨, ニコ厨, ゲーマー, やまのぼらー

*リンクフリー*
*Only in Japanese*
*コンテンツは特別に注意書きがない限り転載自由、出典明記要りません。
ただし無断の商用利用と盗作はご勘弁願います*
*古いログの方が面白いと思う*
*万一シを読むために訪れたという奇特な人がいましたら、リンク下の方にあります*


管理者ページ
Follow me
りんシまとめますた(・∀・)
りんシダイジェスト版は↓
Mail

name:
address:
body:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。