RSSリーダー
Archive(Monthly
08 | 2010/09 | 10
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Counter
since June, 2008
Favorite
QRcode
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国のない男・・・と言いますが、間違いなくアメリカ人だと思うんだけどね。

*最愛の人を亡くし にもかかわらず

その後も続くであろう長い長い己の人生の行く道


男はそれを「余生」と名付けた―――――*




イメージは時代劇(笑


主人公は若くして奥さんに先立たれて、もう後は余生でいいや、という気分になり、精神的に死に近づいた分、妖かしや魑魅魍魎の類が見えるようになったり、会話できるようになったとか、冥府の役人のおにゃのこが出てきて一緒に現世に出てきちゃった悪霊狩ったり、このおにゃのこが冥府で主人公の奥さんに会ってたり、とかの厨設定があります(-m-)。たぶん彼は「自分のしぬ日」から今日が何日目に当たるのかを逆算して日々を数えています。






さてはて、ヨタはこのくらいにして。(ブログ全編がヨタではないかという指摘は無しにして、)当直室よりこんばんゎ(・∀・)ノ



以前より、GReeeeNの「道」という曲の中で、どうしても「一つの使い魔の君へ~」と聞こえる歌詞があり、非常に気になっておりますた。


まさかにGReeeeNで使い魔応援ソングはねぇだろう、でも、つーか聞けねぇ、誰にもほんとの歌詞聞けねぇ、と思っていますたが、先ほど当直先についてネットで調べると実際は「一つ一つが今の君へ~」ですたorz


厨耳乙www







しかし暑い。9月だよね?あまりに暑すぎて、今日が9月になって2日も経ってるという感覚が無く、9月や10月のスケジュールがまだまだ先のような気がしてなりません。だが日にちだけは確実に経ってる。


もう詐欺だよ。暑さだけそのままで時間だけ経ってるなんてwwww


地球の逆襲という言葉がそこかしこで聞かれます。暑いからといって、みんなでクーラーかけるとますます暑くなるという悪循環。でもクーラーつけないとしぬし。ほんとクーラーない高齢者のお宅からばたばたと熱中症で入院が出ています。もうエコとか言ってるレベルじゃないからwwwww


来年は違うんだよね?コレ。今年だけだよね?






そんな地球からの殺気が感じられるような中、ある意味タイムリーにカート・ヴォネガットの「国のない男」を読書。


初めカート・ヴォネガットさんという人は誰だか分からなかったのですが(ヲイ、表紙のおっさんの顔の良い味と本文に時々出てくる手書きの一言に惹かれて。


紀伊□屋で、「キノベス」として書店員さん(はぁと)が毎年選ぶベストに、2007年に選ばれたのだとか(古っ!


何故か先日もキノベスコーナーに売られておりますた。まぁ売られていなければ私が手に取ることはなかったのでありがとうと言うべきでしょうが。


本の著者紹介で、「スローターハウス5」の著者と知ってやっと誰だか分かったwww





それで、なぜタイムリーかというと、この本が書かれた当時の背景にもよるのだと思うのですが、全編にわたって随所に見られる反戦と環境破壊への警鐘、すなわち、アメリカ批判。


マーク・トウェインやアインシュタインといった先の偉人のように、自分も人間を見放すことにします、とか書いてあるのですが、その背景には人間、そしてアメリカを愛してやまないからこそ批判する、こんな風であって欲しくないというのがよーく見え隠れする感じですた。


んで、地球の免疫システムは人間を排除する方に向かうことにしたのだ、と昨今の環境破壊と異常気象について書いていて、それが分かっていながら人間は改めようとはしない・・・バカか、とかいつまむとそのような事を言っているのですが、(実際はもっとウィットに富んだ言い回しですけど)、もう少し人間愛が足りない人間に同じ事を考えさせると、




どちらかといえばこれは地球が人間を排除しようとしているのではなくて、人間側の復讐なのではないかと



自分自身でさえ生きるのが困難になるほど地球を汚して、刹那の悦楽に溺れることは



自分達をこの世になど生み出した何かに対する復讐なのではないかと



もしくは人間の歴史を積み上げてきた過去の世代と、これからを紡ぐ未来の世代への復讐といってもいいのではないかと



そして母なる地球が涙を流しながら人間を滅ぼし、自らも滅んでいくのを見たいのではないかと



母親に復讐したいなら、罪を犯して、彼女が泣きながら自分を断罪するところを見ればいいのですから



それと同じ理論なのではないかと



そうでもない限りこのままだと地球環境ダメダメだよと分かっていながら生活を変えない理由が説明付かなくないですか



想像力の欠如だけじゃ説明付かなくないですか






あれ?この感想文思ったよりダークですか?(汗
ダーク注意喚起した方が無難?(;・∀・)




「国のない男」の本自体は、むしろヴォネガットさんの優しい眼差しに触れたという思いがする!はず!!(素直な心で読めば



ちなみにこれはヴォネガットさんの遺作だそうです。



また話は逸れますが、死後の世界って絶対楽しそうだよね。



天国理論がほんとだとすると、先に亡くなったいろーんな作者さんがいってるわけでしょ?


池波正太郎の剣客商売の気になる続きとか読めるわけですよ。


アリストテレスの講義を聴いた帰りに夏目漱石の新刊を買って帰るとかもアリなワケですよ。viva死後の世界。



え?輪廻転生?


そんな説は認めない(`・д・´)キリッ




死後の世界が実は楽しすぎるので、「自殺すると天国に行けないよ~」という説を流布することで、現世の人口が減らないように確保してるんだという説なら信じるwww



スポンサーサイト
Search this site
Profile
Author:りん@ぜんまい仕掛け

りん@ぜんまい仕掛け

管理人キーワード: アラサー, 草食系内科医, 夜行性, 喪女, 妄想癖, 設定厨, ニコ厨, ゲーマー, やまのぼらー

*リンクフリー*
*Only in Japanese*
*コンテンツは特別に注意書きがない限り転載自由、出典明記要りません。
ただし無断の商用利用と盗作はご勘弁願います*
*古いログの方が面白いと思う*
*万一シを読むために訪れたという奇特な人がいましたら、リンク下の方にあります*


管理者ページ
Follow me
りんシまとめますた(・∀・)
りんシダイジェスト版は↓
Mail

name:
address:
body:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。