RSSリーダー
Archive(Monthly
05 | 2018/06 | 07
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Counter
since June, 2008
Favorite
QRcode
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学会記は忘れた頃にやってくる-京都編(3)

京都旅行記3日目の夜。


DSCN2726.jpg
高台寺を辞して東大路通りを下り八坂神社前に出ますた。



DSCN2729.jpg
参道を登ります。ずいぶん遅い時間まで修学旅行生がたむろってるもんだのう・・・


DSCN2731.jpg
沿道にある小さな摂社。初めて視界に入れたかも(笑



DSCN2734.jpg
いつもながらぼんぼりがきれいです。



さて、この後どうせまた参拝時間は過ぎちゃってるんだろうーなーとは思いつつも、いつもの〆で知恩院の三門を見に。



今回は八坂神社の奥にある丸山公園内を抜けていくことにしますた。すると・・・



DSCN2736.jpg
知恩院の山門前へ抜ける道の途中で作務衣を着た若いお坊さんと、たぶんお母さん的な、割烹着来た年配のおばちゃんのカップルが仲良さそうにぽつぽつとしゃべりながら歩いている!なにこの好物のシチュエーションはw


後ろから激写させていただきました・・・望遠でピントの甘い部分はフォトショのフィルタ機能でごまかし(笑



・・・知恩院の○○会館的なところへ入ってゆかれました・・・一階がレストランになっているようです。二人でお食事?一介の旅人に腹いっぱいの妄想タイムごちそうさまでしたww



で、三門です。
DSCN2738.jpg
やっぱり閉まってたwww


最近ゆく年くる年でも知恩院の鐘をやってくれないのでさみしい限りです。




DSCN2741.jpg
さて、そろそろオーベンと飯を食う約束の時間です。夜景に沈む祇園の街へ。



DSCN2743.jpg
祇園の北側、白川を渡ってすぐの小さな街かどの神社の先にあるえっらい細い路地を行った先にある、風情ある一角のお店です。昨日大量ののんべえどもで押しかけた小鍋屋いさきちさんww


名前の通り、カウンターにはIHヒーターが並び、そこにダシ入りのアルミ製の手のひらサイズの小鍋を乗っけて、ちょっと煮立てて、おじさんがいいよと言ったら軽く具剤をまぜまぜして食べる、という代物。なべの中身も、おあげさんとネギとか、鶏肉とごぼうとか、さっぱりとダシのおいしい味のみで食べさせる、京都の大衆料理といった感じです。エレベーター(揚げたおあげさんと大根おろし、上げて下ろすからエレベーター)などのダジャレの効いたつまみもあり、高級料亭の上品な料理でなくても、手ごろな値段で小粋な食べ物とお酒をちょいと、といった楽しみ方の出来る店です。京都狭い道怪しい道探せばこんな店いっぱいあるんだろうな~。イメージはもろ「夜は短し歩けよ乙女」のノリですwww


この後ほろ酔いのオーベンと四条通をクロッシングし、花見小路奥の町家の中にあるバー、フィンランディアバーへ。


外身は町家なのに中思いっきり洋風バーという不思議なお店です。まぁ京都こういう感じのお店多いけどねww


面白いのは、フィンランディアの名の通り、フィンランドのウォッカなどが置いてあって珍しいお酒が飲めるところ!


バーテンダーさんがずらりと揃ったカウンターで、カクテルを作ってもらうのも一興だとは思ったのですが、やはりその珍しいフィンランドのウォッカなるものを一度は試してみむとて飲むなり。銘柄等まったく不案内だったのでお店の人に、まずはこれが鉄板というのを紹介して頂いたのですが、いかんせん酔っ払いのため写真もなく名前の記憶など当然ございませんwww


相当なアルコール度数なハズですが、フルーティな香りとすっきりとした後味で、うまいこれはヤバいよと言いながら一本。ええ、一本空きました記憶が定かなら・・・



・・・翌朝。


さすが焼酎→ウォッカ!あんまり残ってないです。昨日のワインフルボトル数本→ぽん酒→部屋でコンビニの安酒、の流れよりずっとマシです。


エタノール換算量と、飲み終わって部屋帰った時間は似たようなもんだった気がするんだけど(笑



最終日は、学会は終了しているので心おきなく終電付近まで京都をぶらついてから帰ります。


まずは以前コロンビアからの留学生さんと花見小路をふらついたときに見かけた建仁寺から。



祇園の通りの途中にある小さな神社?お寺?アーケードに挟まってるこの手の京都のお寺は、本能寺といい、好きです。
DSCN2745.jpg



朝っぱらで夜の風情のさっぱり消えた都おどりの通りを下り、


DSCN2746.jpg
そうそう、こんなお寺だった。

あいにくと法堂が改修中で、方々にブルーシートや業者さんの姿が見えますが、その代り天井画が特別公開中!+(0゚・∀・) + ワクテカ +しながら順路をめぐります。



DSCN2747.jpg         DSCN2749.jpg
中には複製もあると思いますが、凄い数の襖絵があるお寺です。俵屋宗達の風神雷神図屏風とか竹林七賢図もあったよwww
それは特別展示みたいになってましたが、他にもこんな扉まで!というところにも徹底的に水墨画が入っています。



DSCN2752.jpg
工事中につき特別公開の双龍図。迫力です!


DSCN2753.jpg

回廊を伝っていくと・・・


回廊に四角く囲まれたお庭が!潮音庭というようです。
DSCN2755.jpg       DSCN2758.jpg         DSCN2759.jpg

基本真ん中の三つの石に柔らかな光が当たるお庭ですが、いろんな角度から眺めるといろんな趣が。障子の桟が作る影も良い感じです。


DSCN2756.jpg
他にもあちこちが庭になっており、こんな感じで縁側に日向ぼっこする人を多数見かけました。他にも○△□の庭や白砂の広い枯山水庭園など禅の境地満載です。


DSCN2760.jpg        DSCN2761.jpg
以上、建仁寺でした。古刹はいいのー。


次は東山をぐっと下り、智積院です!なぜそこかというと、長谷川等伯の壁画を見るため。今回は絵とか見る系の旅になりそうです。ではまた次のログで。
関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Search this site
Profile
Author:りん@ぜんまい仕掛け

りん@ぜんまい仕掛け

管理人キーワード: アラサー, 草食系内科医, 夜行性, 喪女, 妄想癖, 設定厨, ニコ厨, ゲーマー, やまのぼらー

*リンクフリー*
*Only in Japanese*
*コンテンツは特別に注意書きがない限り転載自由、出典明記要りません。
ただし無断の商用利用と盗作はご勘弁願います*
*古いログの方が面白いと思う*
*万一シを読むために訪れたという奇特な人がいましたら、リンク下の方にあります*


管理者ページ
Follow me
りんシまとめますた(・∀・)
りんシダイジェスト版は↓
Mail

name:
address:
body:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。