RSSリーダー
Archive(Monthly
11 | 2018/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Counter
since June, 2008
Favorite
QRcode
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無事りんさん輸出成功www(6)

こっちはだいぶ秋めいてきますたwwセントラルパークが完全に紅葉するのももう少しかと。
日本は台風が直撃してたようですが、皆様無事でいらっしゃいますでしょうか。


りんさん輸出手続き続きです。

入国のためのVisa、現地での住まい、金の移動が終われば大体留学のためのアメリカ移住は済んだも同然ですが、あとパラパラと必要な事項について覚書を書いておきます。



1)J-1 Visaに関わると思われる手続き。
うちの大学では、渡航したらすぐにInternational affair officeに来い、と言われておりまして、出頭すると、勝手にどんどん必要な手続きをやってくれますた。アメリカに忘れず持って来なければならないのがパスポートとDS2019(というか忘れたら入国できんと思いますが)、これらをinternational officeにも持って行って、なんか係りの人がどんどこ打ち込んでいきます。ちなみに、このときは住所がとりあえず泊まっているホテルになりますが、後日住所が決まった後にもう一度出頭してお知らせしなければなりません。J-1 Visaで入国している留学生たちが、どこに所在しているか、ちゃんとプログラムをやっているか追跡するSEVISというシステムに、住所を常に更新しておかなくてはならないからだそうです。引越しするたびにinternational officeにお知らせしろとのこと。ちなみにプログラム期間中に米国外へ旅行する際も、international officeでDS2019にハンコをもらう必要があるそうです。
あと、DS2019の他に、I-94という出入国カードが要りますよ、とネットに書かれていますが、今はこれは電子化されました。空港でもそれを行う端末とかないし、誘導もされなかったので、どうするんだろうなと思っていたら、うちの大学では、international officeへ寄った後に、human resource centerへ寄れと言われ、そこに端末があって、おねーさんが何か作業してプリントアウトされたものをDS2019にホチキスで止めました。それがI-94の代わりのようです。しかしDS2019にしてもI-94にしても、ぺっらい紙なんだよね。これが法的に重要な米国滞在の根拠になるとか言われてもねぇ。せめてもうちょっと厚みのあるものにしたらどうか。何回か雨にあたったりしてすでにぼろっちくなってるのですが・・・(笑


2)SSNに関わる手続き。
とにかくアメリカではこれが必要だから、といろんな人にその重要性をプッシュされたSSNですが、私はクレカを作るにも、銀行口座を作るにも、アパートを契約するにも後でSSNを取得した段階でお知らせすればよい、という状況だったため、その重要性が今一つピンときておりません(爆
あ、実はアメリカ来てから尿路結石発作を起こして、QQ車でERに運び込まれましたが、その時SSNが入用だったな。
その後ERから紹介されたfollow up用のクリニックでもSSN聞かれたから、病院かかる時までにはないといろいろ大変かも。アメリカで税金納めることがなければ必ずしもSSNは要らないので、なければないで病院にかかれるのかもだけど。
SSNの手続きは、1)何か知らないけど大学で手続きが進んだら、ある日ラボの秘書さんから、SSNに必要なletterを渡されて、これ持ってSSNの役所へ行け、と指示された 2)役所行って、letterとパスポート見せる。DS2019も必要だったかな?言われるがまま必要書類を記入する。3)後日(1週間後くらい)自宅にこれまたぺっらいカードが送られてきて、そこにSSNが記載されてる。4)大学の秘書さんに番号をお知らせ。5)クレジットカード会社と、不動産屋さんの2か所にコピーを渡す。終わり。
特にトラブルもなくあっさりでした。


3)電話。
アメリカから帰国したばかりの先輩から、プリペイドで使用していたケータイ機種とSIMカードをそのまんまもらいました。まる。

あああすみません手抜きですみませんwww

しかも頂いたこのケータイ、使えるには使えるんですが思いっきり画面にヒビが入っていますww先輩に、ほんとにこんなんでいいんですかと言われました。でもまぁ使えるし・・・
アメリカに来た後も、え?それ使ってるの?みたいな感じでいろんな人にぎょっとされます(笑
Androidですし、テザリングまでできる機種なので(それ以外のプリペイド用Androidはさすがにテザリングは出来ない、あるいはできるものはパケット無制限のプランがない。そりゃそうだゎww)、壊れるまでこれ使おうかなーとwww
固定電話は引いてません。日本同様、なくても生きていけるwww
しかし、t-m○bileというケータイ会社のプリペイドケータイなのですが、先輩が使ってた時代からめっちゃ勧誘系・ダイレクトメール系電話がかかってきたそうなwww実はオンラインでサードパーティにあまり電話番号を公表しない、という設定があるのですが、先輩はしてなかったみたいですwwwアメリカは、たとえば銀行とかクレカとか、結構機密性を高くしておいてほしいような企業が、サードパーティにマーケティングのための顧客情報を公表していいですか、みたいな設定をしろと言ってくる。しないとデフォルトが公表おkなんだよね。たぶんそういうマーケティングをしてもいいという法律があるんでしょう・・・wwwなので嫌な場合は(普通嫌だと思いますが)自分で設定を変えなければなりません。


4)インターネット。
アパートだと、wifi付き、なんていう特殊な物件以外、たいていケーブルテレビを自分で入れることになるかと思います。しかし、私は実はテレビをほとんど見ませんwww大体実験が本格化したら家にいる時間がないし。家にいてもネットでニュース系は済ませてしまう。アニメもに鼓動さんに世話になる。テレビの電源を入れるとしたら、DVD見る時とコンシューマゲーム機を使うときだけ。日本でもこれでしたから、アメリカ来て英語の番組をわざわざ見るはずもない。英語の勉強にはなるという話ですが・・・orz
というわけで、しばらくの間は上記のケータイでテザリングでネットにつないでいました。しかしながら、さすがCPUの激弱な安Android、電波は安定しないし、回線遅いし、電池喰うし、ありえない熱さになるしwww
その割に月$70かかるし。ラボにいる間はラボのインターネットが使えるのでちょっともったいないなと。
1か月ほどで嫌になって、ケーブルテレビ会社にPC経由で申し込んで、配線工事してもらいました。インターネットだけでテレビなし、という契約があったのです。工事はそんなに大変ではなかったですが、何故かPCをネットにつなぐことができず、工事のおじさんにここに電話してwと言われたカスタマーセンターに電話してようやくインターネットにつながりました。実はモデムの電源を引っこ抜いてもう一度オンしてリセットすればいいだけだったんですがwww工事のおじさん、日本語のPCだったんで、解決できなかったみたいです。私も一生懸命翻訳したんだけどね~。モデムはレンタル代を1年ほどで元取れそうなので、自分で買いますた。日本では「ホテルの有線LANを無線化する」っていう超ちびっこいルータ売ってるじゃない?あいつを日本で買っておいて、差しはさんでiPadとかAndroidを無線で繋いでいます。月$40程の、動画を見たりアプリをダウンロードする程度ならまあ我慢どころ、といった速さのプランですがまずますだと思います。ぬーよーくでぼっち生活だと電話はかける受けるもほとんどしませんので(どちらかと言えばいろいろな契約やら手続きやらに電話番号を書く必要があるから持ってるといった感じ)、そちらは使った分だけ払うプランに変更して、月$10行くか行かないかとなりましたww
ちなみにアパート決まるまでは、ホテルで有料のwifiと、スタバのwifi、あと公園の無料wifiなどでも結構つないでいましたww


5)電気水道系。
水道代金は、ぬーよーくではアパート代に含まれるそうです。払えないからと言って止めたら非人道的だからかね。日本でも水道だけは最後まで止まらないっていいますよね。電気代は、アパートによりけりのようですが、うちはエアコン代まで含めて自分で払わねばなりません。central ACを導入してる高級アパートだとだいぶ電気代が違うわよね・・・。ぬーよーくではConEdisonという電気会社が大手です。アパート入居前にもすでに電気は来ていたので(所有者が払ってたのかな?)アパート入居後、お電話して、自分の名前とアパート住所、引き落とし先の銀行口座を口頭で告げただけでおしまい。実は不動産屋さんが私の代わりにやってくれましたwwwちなみに7月の一番暑い時期は、クーラーを結構使ったせいか1万円くらい行きましたが、クーラーほとんどしなかった8月は3000円くらいでした。


6)個人の荷物の引越し。
日本で有名な某引っ越し業者の海外引っ越しを頼みました。単身者用の、自分が荷物を詰める奴。
電話すると、業者が段ボールや梱包用のプチプチ、ガムテープその他を持ってきてくれるので、詰めて引き渡します。引き渡しの時に、ある程度おじさんが詰め方を確認して、補強したりしてくれますた。税関を通すのに必要な書類も全部指示されるので、その通りに渡します。できれば渡米後すぐにモノが欲しいと思うので、Visaの取得手続きなどと並行して引越し作業を始めると思いますが、荷物の引き渡しの時にはVisaのコピーを含めた書類を一緒に渡さないとなので、タイミングを図るのが大変でした。荷物引き渡した後で書類を後から送る場合、あまり遅れると成田での倉庫代がかかってしまうようです。
私は夏物洋服その他渡米してすぐ使うものを詰めたひと箱を航空便に、残り5箱を船便にしますた。
保険料も含め全部で17万くらいだったかな。荷物引取り後、出発前に銀行振り込みで先払いですた。
アメリカに来て思ったのが、電化製品はやはり日本で買っておくべきだということ。こっちは高いし、種類がない。電池とか4個パックで7ドルとか何やねんて思うゎwwwしかも家電量販店がなくて、ジャンルによって文房具屋さんやドラッグストア、カメラ屋などに点々と売っていて買いにくいです。私はノーパソを二台持ち込む予定だったので、一台を手持ちで、もう一台の古い方は壊れてもいいやという覚悟で、HDDの中身をできるだけ空にして、プチプチとTシャツでぐるぐる巻きにしてショルダーバッグに入れて船便にしたところ、無事届きました。PS2,3も持ち込んだんですけど(爆)、これはもともと購入した時の発泡スチロールと箱を取っておいたので、プチプチを詰めてガタガタしないように細工してこれも船便にしましたが無事届きました。ただし航空便での壊れ物はヤバいようです。ちなみにPCやデジカメ等の充電器はほとんど日本の100V、アメリカの120V両方に対応なんですが、PS2,3とも100Vのみです。なんで秋葉である程度容量のある変圧器を買って持ち込みましたが、変圧器の方が却ってアメリカでたくさん売ってるようです。さすが国際化されてる!
またMDの資格を生かし(笑)必要になりそうな処方薬を諸先輩方に処方してもらってこれも荷物の方々に分けて入れましたが、半年分くらいの自分自身の常用薬程度の量ならアメリカでは税関を普通に通るそうです。確かにタッパーウェア2つ分くらいあったけど通った。でも防虫剤はダメなんだって。変なのー。
渡米後、荷物がたどり着くと業者のNY支店から電話があるので、アパートが決まったらそこに送ってもらうよう伝えます。航空便は渡米後10日ほど、船便は1か月ほどで届きました。


留学に際してのtipsはこんなところかなー。ノウハウものとしては読みにくい文でスマソwww
基本自分での覚書用ということで。。
関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Search this site
Profile
Author:りん@ぜんまい仕掛け

りん@ぜんまい仕掛け

管理人キーワード: アラサー, 草食系内科医, 夜行性, 喪女, 妄想癖, 設定厨, ニコ厨, ゲーマー, やまのぼらー

*リンクフリー*
*Only in Japanese*
*コンテンツは特別に注意書きがない限り転載自由、出典明記要りません。
ただし無断の商用利用と盗作はご勘弁願います*
*古いログの方が面白いと思う*
*万一シを読むために訪れたという奇特な人がいましたら、リンク下の方にあります*


管理者ページ
Follow me
りんシまとめますた(・∀・)
りんシダイジェスト版は↓
Mail

name:
address:
body:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。