RSSリーダー
Archive(Monthly
08 | 2018/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Counter
since June, 2008
Favorite
QRcode
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぬーよーく探訪記だと思った?残念!マイクラ記事でした!(2)

こっからが今回の記事の本題です。マイクラを始めて、よくPCの知識もない人が、影水modとテクスチャ無双するまでの軌跡ですよ。あちこちに似たようなネタは散見されますが、まぁ参考までに。
マイクラって何ぞやって人はいっこ前の記事をどうぞ。知ってる人にとってはわざわざ書かなくていいような内容も多いですが、何分PCゲーム素人が似たような素人さんを前提に書いてるってことで大目に見ていただければと。あとこれは私の環境でうまくいったという話ですので環境の違うほかの人では同じようにやってもうまくいかない可能性はあると思います。念のため。
あと私はぼっちプレイなんで、すべてはsingleplayでのお話です。



まずPC。よいグラフィックカードを持っているPCというと俗にゲーミングPCと呼ばれている奴になります。
あまぞnでゲーミングPCで検索すればいっぱい出てくるはず。


今いるのが日本なら、価格の面でも性能の面でも迷わずタワーPCを買うところですが、いかんせんぬーよーく、後で帰国するために持って帰ることを考えると選択肢はノートPCしかありません。こっちではlaptopと言われています。


ノートPCを自分で組めるはずもないので、MSIが売ってるゲーミングlaptopを買ってきました。GS60 2PEなる型番。こっちのあまぞnで1600ドルくらいしたwww


スペックは


Core i7-4710HQ
RAM 12G
GTX 870M



となりました。

すばらしい。最新の900番台のGTXは高すぎて手が出なかった。wwwあと持ち運びを考えて薄くて軽いってのが大きかった。まぁCPU冷却機能は落ちるとは思いますが・・・薄くて軽いの好きなんだよ・・・
今のところ、数時間程度影水mod付きでプレイしていても、一応気持ちの問題でUSBクーリングファンを下に敷いているおかげもあるのか、CPU、GPUとも60-70℃程度の上昇で済んでいるようです。ファンの音はすごいけどね。




ここでPC側でやっておいた方がいい設定。やってないと後で困ることになります(実際なりました)。

1) グラボのドライバーを最新のものにする。(11月現在、GTX870にはGeForce Game Ready Driverなるものが最新ドライバのようです。)PC出荷時の古いドライバのままだと影modが動きませんでした。たまに最新で動かなくて古い方が動く場合もあるそうです。なんてこった。NVIDIAのホームページhttp://www.nvidia.co.jp/Download/index.aspx?lang=jpへ行くとドライバのアップグレードとともにダウングレードも可能です。うちのPCにはNVIDIA GeForce experienceなるソフトが入っていて、ドライバが更新されると通知してくれる仕様になっていますた。

2) 64bitのJavaをダウンロード。https://www.java.com/en/download/manual.jsp
よくどこぞのwebページへ行ったときに必要ですからといってダウンロードさせられるJavaは32bitだと思いますが、64bitと両方を一緒に入れておいても大丈夫なようです。

3) windowsのコントロールパネルからNVIDIAコントロールパネルへ行く。3D設定の管理→プログラム設定→カスタマイズするプログラムに先ほど落としてきたJavaw.exeを追加。優先するグラフィックプロセッサに「高パフォーマンスのNVIDIAプロセッサ」を選択。

ほか、省電力設定などがあるPCでは、GPUを使用できるモードに切り替えておく。

これをしないと、マイクラをプレイしてもせっかく積んでるGTXをPCが使ってくれない、という悲惨な事態になります・・・
自作でグラボがGTXしかなければいいんでしょうけど、GS60にはCPU内臓のHDgraphicsが入っているので、それを先に最大限使おうとしてCPUファンの音がものすごいことになりました・・・CPU占有率が100%近いのにGPUはほぼ0%。うちのGTXはニートかよ!働けよ!としばし悶絶しました。www




次。マインクラフトをダウンロード。


・・・いや、これ大事だと思うよ?


https://minecraft.net/



偉大なるマイクラ開発ソフト会社、mojangさんのサイトから落としてきます。一度買ってあれば登録済みのメアドとパスワードで何度でもダウンロードできるんですが、初めての場合は米ドル建てのクレジットカード(これだと翌日には使えるようになりました)、paypal経由か、日本円建てのクレカ(でもいけるようですが、為替を経るため決済に数日単位で時間がかかるようです)などで26ドル95セントお買い上げになる必要があります。購入方法は日本版非公式wikiなどを参照くださいませ→http://www26.atwiki.jp/minecraft/pages/1067.html


次。入れたい影mod(shader mod)とshader packを確認。私はかの有名なSEUS、Sonic Ether Unbelievable shaderを入れようとしていました。


http://www.minecraftforum.net/forums/mapping-and-modding/minecraft-mods/1280299-sonic-ethers-unbelievable-shaders-v10-1

英語版のフォーラムから落としてくることになります。conpatible mincraft 1.7.5とあるので、ここですべてのmodをminecraft1.7.5かそれ以前のバージョンにそろえる必要が出てきます。SEUSはGLSL Shadersという影modのためのshaderpackなのですが、GLSL shaderは1.7.10の前は1.7.2しかないので、これでminecraftはversion1.7.2で固定利用することが決定づけられます。



落としてきたminecraft.exeを起動すると、launcherが立ち上がって、loginした後、profileを作ることができるようになります。ここでnew profile, edit profileを選ぶと、ゲームデータやmodの保存先(game directory)を選んだり、minecraftのversionを選んだりすることができます。use versionを1.7.2にしたprofileを一つ作っておき、このprofileを選択したうえでplayをクリックしますと、1.7.2に必要なあれこれが勝手にダウンロードされてゲームが始まります。この段階ではワールド生成まではしなくてもいいそうですが、試しにsingle playでワールド生成してみたらいいんじゃない。でそのまま影水のこと忘れてプレイに夢中になっちゃえばいいんじゃないwww(実話


このいわゆるバニラ状態で私のPCでは60fpsくらい出ております。ご存じだとは思いますが、マイクラのプレイ中にF3を押すとfpsをはじめとするゲーム情報が出てきます。




1.7.2で一回ゲームを立ち上げたら、いったん終了して、こっからmodを入れていきます。まずSEUS shaderpackに必要なGLSL shader・・・に必要なminecraft forge、という前提mod、こいつが一番初めになります。


http://files.minecraftforge.net/


私は1.7.2のrecommended version(10.12.2.1121)を落としてきました。


windowsだったらexeのインストーラ付きのinstaller-winが楽なんじゃないでしょうかね。installer-win、の右隣にある米印をクリックしてください。installer-winの文字をクリックしてもダウンロードできるんですが、adf.lyのページに飛ばされるので、skip adが右上に出てくるまで待つのが地味にうざいです。


インストーラ付きじゃないのを落とした場合は拡張子がjarなので、java platform SEほにゃららなるプログラムを指定して開くと幸せになれるらしい。


wikiを参考に→http://www26.atwiki.jp/minecraft/pages/340.html




ともかくforgeがインストールされると、minecraft.exeを起動してlauncherを見るとforgeっていうそのまんまなprofileが追加されている。profile editorを開いて、use versionがrelease1.7.2-forgeなんちゃらになっているのを確認。
ついでだからバニラ環境のデータ保存先とforge利用のmodだらけのデータ保存先を分けるためにgame directoryを変更しておくといいかも。.minecraftより下層にディレクトリを作っても問題はない(自分が混乱しなければだけど。)


またmodが多くなるとjavaで使用するメモリ量を増やさないと動きがもたついてきます。modの入ってないバニラ状態では、profileのデフォルト1Gでいい(あるいはもっと少なくてもいける)んですが、これを修正しておきます。
profile editorの一番下、JVM argumentにチェックを入れて、Xmx 1Gとなっているのを4Gくらいに増やしておきます。これはjavaが64bitのものでないとできないらしいです。

ためしにゲームをプレイしてみて、worldが生成できれば大成功!
ここでゲームプレイを一回しておくと、先ほどprofileで指定したforge用ディレクトリフォルダ下層にmod用フォルダその他が作られるので、forge用ディレクトリにそのまま影水環境を作るなら後の作業が楽です。



次。おそらく影水modを入れようなんて人の多くは、ブロックのテクスチャを変更することも視野に入れてると思いますが、そこでたいてい必要になるのがoptifineというmod。


http://www.minecraftforum.net/forums/mapping-and-modding/minecraft-mods/1272953-1-8-1-optifine-hd-b2-fps-boost-hd-textures-aa-af

↑これだね。


さっきからどこのページも英語ばっかり・・・という悲鳴が聞こえそうですがwww


英語圏のゲームだからしょうがないね。
modは有志が作ってて基本タダだしね。



で、上のページからOptiFine 1.7.2_HD_U_D3を落としてきました。(old versionは折り畳みの中にあります。)
どのバージョンを使うにしても、compatible forge#~となっていることを確認してください。さっきインストールしたforgeは末尾1121、HD-U-D3は#1147forgeにcompatibleということなので、たぶん大丈夫でしょう!wwww
あとGLSL shaderはoptifineのultra editionとしかcompatibleではないそうです。


optifineの導入は簡単で、先ほど影水環境を作るために用意したprofileのdirectory(自分で作ってなければprofile名forgeで指定されてるgame directory)の下層にあるmodというフォルダに、optifine~.jarを解凍もなにもせずにまるごとコピペして終わり。


この情報はどこででも見かけるとは思いますが、.minecraftのフォルダのあるAppdataというフォルダは隠しフォルダになってますのでご注意を・・・


optifineを導入したら、いったんゲームを開始して、ここでoptifineの設定をいじっておきます。
optionからvideo settingを見ると、執拗なくらいに設定項目が増えているのがわかると思いますwww

shaderpack側の雲を使わせるように、detailsの中にあるcloudsをoffにしておきます。
ほかはお好みでいじってください。


optifineを導入して不必要なレンダリングに負荷をかける設定を切っておくなり、下げておくなりすると、それだけでfpsが早くなります。shaderを切っておけば、32xテクスチャとtoomanyitemsというほかのmodが入っているにも関わらずうちのPCでfps130くらい出ますwww


まさにoptimize finely。




次。いよいよshader mod。長いよ!やっとだよ!知識がないこともあり私は影mod導入は休日一日費やしましたね・・・(遠い目

http://www.minecraftforum.net/forums/mapping-and-modding/minecraft-mods/1286604-shaders-mod-updated-by-karyonix

ここから、GLSL Shaders Mod v2.3.30 Forge Edition for Minecraft 1.7.2を落としてきて、jarファイルを何もせずoptifineと同じfileへぶち込んで完了。


ゲームを立ち上げてみると、languageの隣にshadersという設定項目が増えているのがお分かりいただけるかと思います。



次。ようやくSEUSの出番ですよ!


http://www.minecraftforum.net/forums/mapping-and-modding/minecraft-mods/1280299-sonic-ethers-unbelievable-shaders-v10-1

始めの方に一度お示ししたurlへ行ってseusちゃんをダウンロード。
私はv10.1のstandardを落としてきました。



forge用game directory(あるいは影水専用directoryでも何でもいいけど)へ行って、その中のshaderpacksフォルダにzipファイルを解凍せずにイン。
shaderpacksフォルダは、GLSL shaderを導入した後にゲームを一回立ち上げると作られています。自分でエクスプローラーで新規フォルダとして作ってもいいようです。


ゲームを開始!
この時点でまだちゃんと立ち上がってたら自分をほめてあげてください。

option→shaderpacksでseusちゃんが一覧にいたら成功!
cloudshadowをoffにしておいた方がいいみたいですね。


seus on!




2014-12-07_23_30_18.png



ファーwwwwwwwwww


テクスチャバニラですがそれにしてもなんですかねこのつやっつやなお水はwww


ちなみにfpsは30まで落ちました。ゲームやること自体にはさほど支障はないですが、広い範囲はすぐには描出されませんwww


写真だとこの感動が伝わりにくいですが実際ワールド内を自分で歩いてみるとまさに世界がキラキラ輝いてるのがわかります。


さて、さらにテクスチャを入れて完成なわけですがさすがに長くなってきたので次回で。
関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Search this site
Profile
Author:りん@ぜんまい仕掛け

りん@ぜんまい仕掛け

管理人キーワード: アラサー, 草食系内科医, 夜行性, 喪女, 妄想癖, 設定厨, ニコ厨, ゲーマー, やまのぼらー

*リンクフリー*
*Only in Japanese*
*コンテンツは特別に注意書きがない限り転載自由、出典明記要りません。
ただし無断の商用利用と盗作はご勘弁願います*
*古いログの方が面白いと思う*
*万一シを読むために訪れたという奇特な人がいましたら、リンク下の方にあります*


管理者ページ
Follow me
りんシまとめますた(・∀・)
りんシダイジェスト版は↓
Mail

name:
address:
body:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。