RSSリーダー
Archive(Monthly
11 | 2018/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Counter
since June, 2008
Favorite
QRcode
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おそ松さん」の六つ子が医療従事者だったらというn番煎じ妄想(5)-十四松編

おはこんばんちゎ。ぬーよーくではこんばんゎ。

一日空きましたが、「おそ松さん」六つ子が医療従事者だったら妄想シリーズ、まだ飽きずにやってます!というか実は前半戦も終わってないです。いつもながらの超長文を大量に書いてありますww


本日は皆のアイドル十四松の設定編です。筋肉松にはリハビリの先生になってもらいました。ドクターでもよかったんですが、より直接患者さんに触れる立場であってほしいとの筆者の独善的な願いによりPT(作業療法士)になりました。


お読みになる前の諸注意は→(1)おそ松編で必ずご確認を

他松:(2)カラ松
(3):チョロ松
(4):一松




何でも許せる方は以下妄想開始してください↓




十四松:PT


職場ではどんな人?:

 底抜けに明るく、物事を深く考えずに天真爛漫、いつも誰に対しても変わらず楽しげな様子を崩さず、賑やかで盛り上げてく性格でリハビリにうってつけ。弱音を吐く患者さんも、十四松先生の根拠のない「うん、大丈夫だよ!時間をかければ絶対できるよ!少しずつだけど良くなってるよ!今日はここまで来れたもんね!」につい騙されたくなり、気がつくとモチベーションが引き出されている。
 こういう手合いは同業のPT仲間に疎んじられる危険性がありそうだが、イジメられていても堪えないというか、そういう次元を超越してる感じでノーダメージのため、大抵アホらしくなって、皆と共に外科病棟のアイドルとして愛でる方向に転ずる方が得かと思い直される。それに十四松先生をいじめると潜在的な親衛隊たちが怖いし。赤塚病院中で何人親衛隊が潜んでいるのか、情報屋のトド松ですら正確には予測できていない。
 十四松には誰もが知ってるような雑学知識が抜け落ちてたりする一面があって、時々トンチンカンな返事を返すのだがそれもまた愛嬌。このまま世間の闇に毒されないままであって欲しいと皆が願ってしまう。あざと可愛い系のトド松と一緒だともう病院という名の砂漠に咲いたオアシスであるともっぱらの評判である。
 バカに徹してどんな状況でも明るく振舞うのは、本人は意識しないものの十四松の基本となる信念のようなものなのだが、蔑みや侮りの対象になることもあって人知れず悲しんでいる。でもそれを「僕と違って素直にいつも明るくしていられる十四松は凄いね、羨ましいよ」と言ってくれる一松師長は大好き。バカに一緒に付き合ってくれる、バカであることの重要性を知る数少ない人なんだ。
 他の赤塚病院外科のメンバーも明るさを取り柄として見てくれているので嬉しく思っている。俺のギャグで一々爆笑してくれるおそ松先生、患者さんのわずかなプログレッションを一緒になって喜んでくれるカラ松先生、リハビリ側からの要望にいつも親身になってくれるチョロ松先生、ほぼ同期入職だけど、俺の方がほんの少し早かったし年上だからっていつも立ててくれる薬剤部のトド松・・・十四松の中では彼らはいつも笑顔の姿で浮かんでくるから、温かい人たちなんだと勝手に解釈している。


異性へのモテ度は?:

 女性には時々彼のぶれない明るさに惹かれるのか非常にモテる事があるらしいが、言動が天真爛漫・・・というかすぐバカをやってしまったりするので、ドン引かれたりして必ずしもうまくいかない。でも6人の中では一番そういう意味でリア充へのゴールに近いと思う。


服装など:

 仕事中はケーシー上下にスニーカーと動きやすさ重視。真冬でも半袖系男子。そのまま建物外まで出て行くので、当然患者さんその他に寒くないんですか!?と心配される。短時間ならモーマンタイ。
 病院内で職員ID紛失率ナンバーワンは十四松だが、ボールペン紛失率はおそ松先生に敵わない。おそ松先生は使用頻度以上に紛失している。何か超科学的な現象が起きてないと計算が合わない。例えばおそ松先生はお腹がすくとボールペンを食べる、などである。まさかね…?それともおそ松先生ならアリ・・・?芯の中に入ってるインク、アレもしかしたら美味しいのかな・・・?
 私服はジャージ上下が多い。無頓着度は一松師長を超えている。師長と違い小物へのこだわりもないが、強いて言えばこだわりは着心地か。バッグは持つとどこかへ手放してなくす恐れがあるので、ズボンや上着のポケットに全て鍵や財布を詰め込んでいる。デートの際はさすがにジャージ以外を着てくるのでご安心ください。ジャケットとか、持ってないわけではないです。今は幸いにしてトド松という心強いアドバイザーがいるし。


通勤は?:

 自転車派。トライアスロンにも使える本格的なやつを使っていて、野球のグローブなどもそうだがこういうところにお金は惜しまない。修理整備は自分でやっている。機械ものの知識は皆無なのだが、適当にいじってるとどうにかできてしまう派。なぜかたまにレントゲン室や透析室で業者でもないのに医療機器の修理に勤しむ十四松先生の姿を見ることがある。


忘年会では:

 顔のとんでもないところから水を噴出させるなど人間離れした持ち芸がある。毎回トド松が一番ウケて腹抱えて爆笑したりするので、観客は突拍子もない十四松とレアなトド松を交互に見るのに忙しくなる。一松師長も腹抱えてて周りにぎょっとされる。おそ松先生の爆笑は通常営業。
 酒、タバコは基本やらないが、付き合いでは普通に飲める。あまり酔わないというか、酔っても酔わなくても根アカで賑やかなのは変わらない。


オフの過ごし方:

 PTの職業柄、体を鍛えることに興味があり人の筋肉のつき方とかを広く勉強している。自分の興味のある事だけは覚えられるタイプ。その一環で自らも鍛えており、外科病棟随一の筋肉マン。カラ松先生と病院中庭でキャッチボールしたり一緒にトライアスロン大会に出たりしている。


得意なスポーツは?:

 野球は見るのもやるのも好きで少年野球時代からずっと継続してプレイしている。今は赤塚病院職員で結成された草野球部に所属している。



・・・やっぱりコメディカルなことと推しCPでないことでどうしても兄松先生方より設定が短めになってしまいますねwwww

十四松、好きなんだけどなぁ。バカキャラ、天真爛漫という以外に意外とたってるキャラ設定が少ないんだよなぁ・・・。
彼関連の二次創作をあまり見ない事もあって良く知らないと言うのが正直なところです、スマン。
カラ松先生とかはアニメ版でも一人にかなり詳細なキャラ設定が集中してる感じですが・・・。


まぁいつも長文過ぎるからこのくらいの長さの方が読むにはちょうどいいでしょう!

ということで、次回は最後、六男トド松の回です!それではまた~




関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Search this site
Profile
Author:りん@ぜんまい仕掛け

りん@ぜんまい仕掛け

管理人キーワード: アラサー, 草食系内科医, 夜行性, 喪女, 妄想癖, 設定厨, ニコ厨, ゲーマー, やまのぼらー

*リンクフリー*
*Only in Japanese*
*コンテンツは特別に注意書きがない限り転載自由、出典明記要りません。
ただし無断の商用利用と盗作はご勘弁願います*
*古いログの方が面白いと思う*
*万一シを読むために訪れたという奇特な人がいましたら、リンク下の方にあります*


管理者ページ
Follow me
りんシまとめますた(・∀・)
りんシダイジェスト版は↓
Mail

name:
address:
body:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。