RSSリーダー
Archive(Monthly
05 | 2018/06 | 07
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Counter
since June, 2008
Favorite
QRcode
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とうとうfitがダイエットww

とうちょこです。今日は特にブログ書くネタもないしなー、何か思いついたことあった気がすんだけど忘れたなー、と思っていたら、格好のネタが降って湧きました。





・・・とうちょこ先の病院にあと5分で着くってところで先行車両が突然のろのろになり曲がり角の手前で停車、私もちょっと間を開けて止まり?を頭の上に飛ばしましたが、どうも道を間違えたと気づいたらしく先行車両がおもむろにバック!!



え?これ私のこと気づいてるよね?え?その角度やばいよ、やばいやばい、バックに全くためらいがない!!あたしもバックギアに・・・間に合わん!!びーっびーっ(クラクション)。止まって止まって!!いくら私が小さいからと言っても車は普通の大きさだから見逃さないはずだろ!!あーあかん。ほんま全然気づいてないゎ。ザリザリザリあーあーあーwwwwwwww




運転席側のドアがちょっと削れたぐらいの、中の人はまったく損傷ない物損事故だったのですが、ちょうどヒンジ部分に当てられたため運転席側ドア開かんくなったですorz




県外ナンバーで、うちの県通り越してもっと先まで行こうと慣れない道を慌てていたようです。



私のfitタンが後ろに止まってたのにはまったく気づかなかったらしいです・・・大脳皮質の盲点って凄いわね。




相手方はごく普通の方ですぐグンマー県警と保険屋さんに電話してくれて、とりあえず向こうの保険屋さんで全部直してもらう話になりました。



夜で今日はもう保険屋さんは動けないとのこと、明日外来中に電話が来そうです。







・・・ここで問題です。




私のスマホちゃん、あと電池残量10数%。



充電器、大学の机の引き出しの中。







・・・ああああああああああああああああ!!!!!!





とりあえず、今日は相手方はまだこれから先の県まで走ると言っていたし(まだたっぷり2時間以上かかる道のり)、電話は今日中には来まいと思って電源落としたよwww




しかしこれ明日電話中に充電切れちゃったら、必殺の勤務先病院に電話してもらって、「内科のりん先生おながいします」で呼び出してもらうしか・・・ないよねコレwwww



相手方ビビるだろうな・・・医者かよ、医者なのかよ、てか昨日は凍直かよ、凍直だっだのかよって。wwwww








本日の教訓は、充電器を持ち歩きましょう。(当たり前か



あと何故Fitがダイエットなのかと言えば、昔まだ初心者だった頃、今は亡きスタちゃんを私が家の塀にザリザリっとするたびに、りん父が「スタちゃんダイエット」と言っていた流れですwwww












追記先に読書記。









-殺人鬼フジコの衝動




題名からしてまずアレですが、のちに殺人鬼として知られるようになるフジコという女性の半生を綴って、いかにして殺人鬼になったかというようなことを記録小説の体で著した小説です。


まえがき、あとがきともフジコの事を取材して小説を書いた人物が、ある小説家に原稿を託したという形を取っていて、それがちょっとしたトリックになっています。






ーーーーーーーーーーーーーーーーーこの辺からネタバレ注意ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




最初はある少女の幼少期から始まり、対外的には派手にしていながらも実質は虚飾と借金だらけの家庭で、子供を顧みない母親にネグレクトされ、小学校でイジメに遭い・・・とかなり陰湿な少女時代が描かれます。少女がいじめっこから逃げようとして遮断機の下りかけた踏切を無理矢理横断、振り返るといじめっこは予想通り電車に牽かれて・・・家に逃げ帰ると何と母親が父親と妹を惨殺していて・・・というところで場面は転回。


フジコは両親と妹を惨殺されるという事件を目撃し自らも斬りつけられながら生き残る、という経験を経て、叔母一家に引き取られ、そこから惨めな子供時代と決別して母親とは違う人生を踏み出そうとします。叔母の「母親みたいになっちゃダメ」という言葉も繰り返されます。



しかしそのフジコの取った「惨めな人生からの脱却」の方法は、徐々に「社会にとって都合の悪いと思われる、自分の中の素直な怒りや否定の気持ち」に蓋をして、周りから求められてる(とフジコが思っている)自分像に合うようつじつま合わせ、取り繕いに奔走するという間違った手法に傾いていきます。



人生の理不尽さに対する怒りは、初めはところどころもっともだと思える理由であったりもするのに、それを噴出させないまま、またそのような怒りを持っても人間不思議ではない、ということも教えられないままなので、フジコはひたすら取り繕い、取り繕うため嘘を重ねるため、理不尽さに対する怒りは結局コントロールつかない状態で突発的に噴き出し、最初の殺人が行われます。



その先は、お決まりの下り人生。最初の殺人はフジコ自身が小さすぎて容疑者の対象にならずうまく切り抜けたものの、嘘を重ねながら勝ち組人生を夢見てあがくフジコの道のりは、最初の場面で少女が母親に言われていたように、くだらない男に孕まされて、学校もろくに卒業せず、子供を抱えて右往左往した挙げ句、子供をネグレクトしてお水の商売に入り、金にあかせて手に入れた整形による美貌、金に群がる偽の友人、派手にしながらも内情は火の車・・・という母親そっくりの虚飾の人生を送るようになります。



殺人の方も、2つ目は浮気相手の女性を殺してしまった彼氏に、引き替えに結婚を迫るために死体を隠す手伝いをするのですけど、その後はもうフジコの人生のつじつま合わせの延長線上に邪魔になる存在を排除するためという安易な理由での殺人になります。どんどん殺すための理由が実に大したことのないモノになっていきます。そして最後は死体の処理もおろそかになっていき、バレて殺人鬼としてタイーホ。



小説の最後で場面は最初に戻ります。この少女がフジコなのか、誰なのかは最後で明かされます。フジコの親、フジコ、フジコの娘と3代にわたるカルマのようなものがひしひしと迫ります。世間では「自分の人生をどう生きるかは自分自身の責任でやることであって、親にどう育てられたとかどういう家庭環境で育ったとかは言い訳にすぎない」と言う向きもあるけれど、やはり親にどう育てられたかが子供の人生に影響を与えないなんてことはあり得ないのが現実だよな、と思う人もいるかもしれません。



フジコの人生は自分で殺人鬼の道を踏み出したというより、人生に張り巡らされた目に見えない蜘蛛の糸に徐々に巻かれて身動き取れなくなっていった、少なくともフジコ自身はそんな風に考えていた、というように描かれているのですが、あとがきで更にこの蜘蛛の糸がほんとにある人物達によって人為的に張り巡らされたものだったらしい、というのがかいま見えます。事実は完全には明かされていないので、このとある人物がフジコに対して施した糸がどこまで意図的だったのか、どこまで成り行きを読み切ってフジコを操っていたのかは分かりません。私は出てくる登場人物誰もがろくに考えてなくて、全体を見通してた人間は誰一人居なかったんだろうな、と言う方がうそ寒い感じがより強くなっていいと思いますたwwwwww



複雑な時系列、一人称の転換があるため、若干筋が追いにくい嫌いはありますw






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーそろそろネタバレ終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


小説自体は自伝的事実の羅列で、大部分がフジコ一人称のため彼女の心理は語られてますけど、殺人鬼になる人間がどうしてそうなるのか、という経緯をかいま見る怖いモノ見たさの好奇心を満たす小説と読んでも良し、親から子へ絡み合う人間同士の関わり合いのカルマの恐ろしさというサイコホラーのようなものとして読んでも良し、作家からこう読め、というような示唆、指示は特にありません。



ただレビューを見ると初めの親や同級生からのイジメの描写がきつくて無理だった、とか、逆に後半に行くにつれて殺人を行う理由が希薄だし女性がそんなに簡単にほいほい絞殺出来るわけもなくリアリティに欠ける、と言ったものも散見されます。amazonのレビューが見事に1点から5点までほぼ同じ人数でワロタwwwwwwwwそういう評価になる小説はその点だけでも読むと面白いんじゃという気がするけど。



殺人に到る理由、殺人方法やフジコの人生の経緯が根拠希薄なのは、この小説が寓話的なモノであるとして読めばそれで問題はなく、その辺のリアリティを求めるなら実際の服役囚の手記やノンフィクションなどを読んだ方がいいのではと思いますた。



イジメや死体処理法などの描写は確かにきついです。嫌いな人は避けるが吉。








私がこの小説から一番受け取ったのは、嘘をつくことはどういうことかという考察ですた。



嘘をつくのは、自分にとって都合が良くなるように、つじつまが合うように社会を騙すことだとたいていは思うけれど、実際は社会にとって都合が良いように、自分を改変して騙すのが嘘。


だから嘘をつかされてると時々思う感覚は、実は無意識に責任逃れしているのではなくて、感覚はちゃんと自分という意識に対して正しい認識を送ってるんだな、と思いますた。




amazonのレビューを見ると殺人を次々行うフジコの殺人の理由は薄く、フジコが愚かで考えなし過ぎておかしい、と書く人が多かったですが、逆に私は嘘の塗り重ね、世間に向けての空しいごまかしのために殺人が繰り返されるのは結構ありそうだと思いますた。



評価の分かれる小説であることは間違いない。でも私の持論は、小説からもたらされるモノを素直に待ってるだけ、期待通りのモノがもたらされなかったからと言って、小説の評価を下げるだけなのは読書家としてはもったいない態度だな、というものであります。




看護師さんの間でも回し読みされたそうですが、一人は最初の数ページでダメで読み止めてしまって、残りの一人はそれでも頑張って読み切った、と言ってますた。








-x細胞は深く息をする


本当はラッピング用紙を手に入れるため、週末市の中心部に出たのだけど、目当ての文房具屋さんはお休みで、ついでだから普段駐車場なくてあまり立ち寄らない有名書店に寄ったら店員さんおすすめコーナーに置かれてて、気がついたら立ち読みで完読wwwwwwwwあ、マンガです。厚みありますが一気読みでき時間はかかりません。



今のところ移植しか助かる手だてのない心臓病の少女、少女に恋した優秀な幼なじみとろくでもないオヤジを抱えた不良少年の二人、帰らぬ人となった少女の意志を継ぎ、脳死移植ではない心臓病の治療法を研究するため、かたや高分子工学で人工心臓を作る道、かたや細胞工学で再生臓器を作る道を踏み出したライバルの狂気にも似た運命の交錯する先は・・・!そして誰の目にも触れられないように隠されてきた少女の秘密が明かされるとき・・・!!



この設定思いついた時点で作者ネ申wwwwwwwwww





高分子工学で人工心臓を作る研究をする青年が主人公なのでES細胞と脳死移植が若干悪扱いですけど、この領域にはいろんな立場、見方はある、今完全に人工物で心臓機能を代替することは出来ない、でも患者さんは今この時も死にそうになってる、だから過渡期医療としても移植やES細胞は必要、しかしそうした意見を踏まえても、「患者さんが本当に望むのは誰の命も犠牲にしない治療法」という言葉に全ては集約されてると思います。




だって、落ち着いて自分の気持ちを見てみても、自分は死にたくないし、誰かを犠牲にして生きたいとも思わないもの。自分の生きるために、倫理的な問題が持ち上がって欲しくもないし相手がそうした議論に巻き込まれて欲しいとも思わないよね。




ちなみに、ラストがかなりアレです。ハッピーエンド至上主義同盟の方はご遠慮下さい。


私も、ここまでシリアスに人と社会の闇を抉るように話を紡いできた以上、あまりご都合主義なハッピーエンドはダメだろうと筆者が考えた、というのは分かるものの、ラストはえーっ!?ってなりましたwwww



でも、不思議なもので、人が書いたものを読むと、その登場人物達にはここまで作中で苦労したんだから最後くらい幸せになって欲しいなー、てかここで最後まで落とす筆者ほんと鬼畜だなー、と思うのですが、自分で小説的なものを書いてみると分かる、最後まで徹底的に突き落とすプロットに結構なっちゃうもんだよね。wwww






今積ん読中小説は、ものすごくうるさくて、あり得ないほど近いの邦訳版、それゆけ、ジーブス、蛟堂報復録等々・・・



積ん読ペース早すぎwwwwwまぁ積んでるのは自分だが。



実験ノートの貯めたのは外来や凍直の合間に書いてだいぶ解消されたので、読書ペースの方を増やすぞ!!(頑張るとこ違うwww


関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【とうとうfitがダイエットww】

とうちょこです。今日は特にブログ書くネタもないしなー、何か思いついたことあった気がすんだけど忘れたなー、と思っていたら、格好のネタが降って湧きました。・・・とう
Search this site
Profile
Author:りん@ぜんまい仕掛け

りん@ぜんまい仕掛け

管理人キーワード: アラサー, 草食系内科医, 夜行性, 喪女, 妄想癖, 設定厨, ニコ厨, ゲーマー, やまのぼらー

*リンクフリー*
*Only in Japanese*
*コンテンツは特別に注意書きがない限り転載自由、出典明記要りません。
ただし無断の商用利用と盗作はご勘弁願います*
*古いログの方が面白いと思う*
*万一シを読むために訪れたという奇特な人がいましたら、リンク下の方にあります*


管理者ページ
Follow me
りんシまとめますた(・∀・)
りんシダイジェスト版は↓
Mail

name:
address:
body:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。