RSSリーダー
Archive(Monthly
05 | 2018/06 | 07
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Counter
since June, 2008
Favorite
QRcode
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱海まったり記

*美しい風景を ただ美しいと思える心を与えたことを 神に感謝する

憎しみを抱いた相手を 永遠に許せない心を与えたことに 神を怨嗟する

ただそれだけ

自分が人間社会のどの位置に序列しているかなんて

自分がただの遺伝子の乗り物に過ぎないかどうかなんて

もうどうでもいい*



馬鹿みたいに暑かった夏の気温が和らいで、行楽の秋の到来ですね。


・・・今月はあちこち出かけ過ぎてて日記の更新が追いつかない状態のりんさんですこんばんゎwwwwwwww


声をかけられない時は友達が一人もいない人みたいに世間からすっかり忘れ去られたかなと思うほど何もないのに、誘われ始めると方々から誘いが集中するのはなんでだろう。これが俗に言うモテ期ですか?




とりあえず、先週末行った熱海旅行記うpします、実はこの後燕岳にまた登って、さらに来週は学会で北九州へ、10月初めはまた学会で京都へ行くんだよ・・・orz


お足がムカデのような多足動物になって、ゴキ○リ並のスピードでタンスの陰に次々去っていくのが目に見えるようだよママン・・・


しかも出かける合間を縫って実験してるようだよ・・・





さて、熱海です。


これまで全国津々浦々旅行をしてきたものの、私が小さい頃のりん家の旅行というものは、行き先は基本観光地の中でも景色だけが唯一のごちそうという山間部、交通手段は自家用車または自分の足のみ、泊まるところもともかく一泊数千円台、良くて温泉民宿、時に山小屋、最悪はテントもしくは車中泊wwwwww


と言うわけで、熱海などと言う高級な観光地にはこの年まで足を踏み入れたことはなかったのでした。


しかも、熱海のイメージと言えばもう不倫旅行ですよ、オサーンとお水系のケバねーちゃんが人目を忍んで数泊しけ込むアレですよ、露天風呂であんなことやこんなこtどうみても火サスかえろつべの見過ぎです、本当にありがとうございましたwwwwwww



しかしながら、こと○っぷなどの出来るおしゃれ系女子の旅のご本など読んでおりますと、今熱海は女子向けスパリゾートという側面もあるようですね。


某J旅行代理店などでは女子おひとり様旅向けプランなどをわんさか企画しており、今回はツレさんが去年行ってとても良かったというレコメンドでホテルをチョイス。


ツレさん:「最近このおひとり様旅プランにハマっててさー。この前も一人でツインルーム独り占めでまったりしたんだよー。料理がすごくおいしかった♪」



私の友達がおひとり様力を着実に身につけてる件wwwwwwww


誰か何とかしてあげてください、色白で目ぱっちりの美人さんなのに何でこんなおひとり様力向上委員会に所属してんのよ(笑?


休みが取れたら温泉地行っておひとり様でホテルでリフレッシュとかこれなんてリアルAr○und40wwwwwww





で、まぁそのホテルがこちら、Hotel Micurasさん。



値段は決してかわいらしいものではないのですが(笑、内装はモダンで新しく、小さなところが女子向けでこころ配りが行き届いている。プランの客室はオーシャンビューで、浴室も太平洋一望。スパも充実していて、エステ目当てだけに来るお客さんもいるほどだとか。


本当は年数回行われる熱海海上花火大会のうち、敬老の日に開催されるのに合わせて宿泊したかったのですが、さすがに1ヶ月前で予約がいっぱい。前日泊して、翌日チェックアウトギリギリまでホテルでだらだらし、その後熱海の街中を観光して夜まで待ち、花火見てそっこー帰るという弾丸ツアーを敢行することになりますた。



DSCN2150.jpg       DSCN2153.jpg
さて、そのお部屋です。決してだだっ広くはないのですが、ゆったりしたツインベッドが海向きにしつらえられてて、洗面台も二つあるこころ配りよう。窓辺にソファがあるのもいいです!入り口からは戦国時代の二の丸のようにクランク状になった廊下があるので、とても静かです。


DSCN2147.jpg      DSCN2149.jpg
部屋からの眺め。こうして見ると熱海の浜辺って狭い!(笑


はじからはじまで歩き通せそうです・・・実際翌日歩き通しました(爆




この日は私が当直明けで昼過ぎに現地に赴いたため、宿についてスパ体験して夕飯食べて部屋でぐっすり休んで終了。


スパではおねーさんに左肩が特に異様に凝ってると言われました・・・


寝転がった体勢を見ただけでも左肩が盛り上がってたとの由。


右利きだから右の方が凝ってそうなもんですが、まぁ確かに実験室ではひたすらパイペット、遠心管、エッペンドルフチューブなどを目の高さに両手で捧げ持って作業するのが延々何時間とかですからね。肩甲骨筋群にはたいした試練だよね。


おかげさまで、マッサージ終了後には左肩だけが妙に軽くなりました(笑


あと頭皮もガチガチだとのことで、目を使う職業ですか、と・・・


実験してる時以外は、PCに向かってデータまとめてます、Pubmed引いてます、ブログ書いてtwitterしてmixiして最近はFBしてます、目使うなんてもんではありませんwwwwwwww


さすがプロ。



しかしさすがのマッサージも視力回復するほどではありませんでした・・・まぁそりゃそうかwww



夕食はフレンチフルコースですた。量が馬鹿みたいに多すぎず、味も優しい味付け。熱海のシーフードと野菜たっぷり。私はちょっと奮発してシャンパン、白、赤ワインの当日のレコメンドが順番に出てくるセットをつけたのですが、でらおいしかったwwwwwww相当高い奴だと思われます・・・メニューに並んでたボトルワインは1諭吉前後のものばかりですたからwwwwwwwww


値段を出せばおいしく感じる効果もあるんじゃと言われるかもですが、まぁこんな調査結果もあるくらいですから、逆においしさの演出のためにわざと値段を出すのは悪くない選択かとwwwwwwww


露天風呂は、ちょうどお風呂につかると湯船の水面が目の前の太平洋の水面と続いているように見える高さに設定されており、まぁ女湯はどうしても目隠しのために木とか若干生えてるんですけどね、でも海の広がりを感じることができる設計でした。上の階に海を眺めながら涼める浄水器付きのラウンジがあって、こんなところもvivaこころ配り。


しかしながら、夜半過ぎより雨wwwwww


おいおい、何故りんさんが花火見ようとするとことごとく雨なのか・・・


twitterで呪ってる奴はただちに止めよと警告したのですが願いむなしく、翌朝もしとしと降る雨の熱海ですた。ww呪いツエー(誰のだか知りませんがwww



DSCN2157.jpg     DSCN2158.jpg
ま、でもね、せっかくですから傘指しながら朝散歩しますよ。


雨でもまだ暖かい熱海の海、結構な人が浜辺に出て泳いでますた、特にお子様。さすが元気ですwwww


考えてみれば結構やばい天気でも小学校ってプールに入らされたもんなwwwww


DSCN2166.jpg      DSCN2168.jpg
浜ではビーチバレーを練習する若者が。右は沖合に浮かぶ初島です。たまたま通りすがったトラックのテールランプがいい感じです。雨模様でもかえって無彩色な小洒落写真が撮れるもんだね?


朝食は暖かい料理の皿だけサーブされて、サラダとか飲み物とか冷製スープとか冷たくてもおkなものはビュッフェ形式というものでした。運良く窓際の席に案内されて、海を見ながらまたーり朝食でした。


さて、チェックアウトは12時だったので、そこまでぷらぷらして(そういえば、Micurasさんで不満があるとすれば、無線LANが部屋で使えないことだよ!まぁ仕事を忘れてのんびりしてけろ、というコンセプトなんだと思いますが、現代人は娯楽もネットでまかなうもんだからね、やっぱりあると嬉しいなぁ。DVDプレーヤーはあったので、おひとり様滞在の時はDVD借りてしこたま映画見るのも手かもしれません!)


昼食は朝飯食べすぎて入らなかったので、まずは電車で一駅行った先にある、来宮神社へ。


あ、ちなみに観光用市内循環バスが出てますので、電車でなくともいけます、電車はちょっとローカルで本数が少ないので急ぐ方はそちらでどうぞ。


DSCN2169.jpg
鳥居をくぐると・・・


DSCN2170.jpg     DSCN2171.jpg
来宮神社名物だというクスノキが!裏は大きな洞になっていて、生命力びんびんです。


が、よーく看板を見ると「第二クスノキ」とある・・・


本当の天然記念物のクスノキは、実は境内の裏手にあるというwww


DSCN2179.jpg
どーん。もっとずっとどでかいのが居られましたwwwwwwww


木の周りをぐるっと一回りするといろいろお願い事が叶うそうです。縁結びとしても有名らしいよ!ツレさんお守り買ってた。かわいい。


DSCN2184.jpg
いずれにしても神社の境内は霊気漂うパワースポットですねぇ。雨降ってて時々降り方がぱなかったけどwwwwww


あまりの雨に、タクシーを拾って、次の観光スポット起雲閣へ。


ここは大正時代にお大尽が別荘を作り、その後旅館に改築され、様々な文豪に愛され、最近廃業して市の文化財になって公開されてる古い建物・・・だそうです。こと○っぷを見て初めて知ったよ。www

とにかく写真どころが多くて嬉しい限りです。


DSCN2185.jpg      DSCN2187.jpg
日本庭園を中心に、回廊でつながれた増築された建物がぐるっと取り囲んでいるような構造の旅館です。最初は別荘の時代からある古い和室。大正ギヤマンの窓ガラスの微妙なゆがみが、レトロな雰囲気を演出します。

・・・右の写真をPCのモニターのすごーく下からのぞき込もうとしてるそこの紳士!まぁ当然ながらそんなことしても見えないっすよwwwwwwww



DSCN2189.jpg
本来珪藻土などで塗られる壁は一面青色。現代のペンキかと思いきや、大正時代にこの色に塗ったらしい。そう、古代より青色が高貴とされていたのは、この色を出せる顔料がラピスラズリとか群青の原料の藍銅鋼などの貴石類だったため。解説員の人がこの青色を出すのはとても高価だったと説明していたので、はっきり言わなかったですがおそらく群青なのでしょう。


DSCN2194.jpg     DSCN2193.jpg
次に入ったのが、先ほどスカートの中身が気になるおねーさんの居たお部屋。外見は日本家屋なのに、内装思いっきり洋室ですwwwwwwwww

おそらくおねーさんがかがんでいたのは、床のタイルを熱心に見てたのでしょう・・・(笑


燦々と日の当たりそうなステンドグラス付きの明るいテラスです。右の写真は、大正時代に輸入したイギリス製の・・・えーと・・・トーテムポールじゃなくて・・・googlegoogleっと・・・そうです、シャンデリア、イギリス製なので当時のエリザベス?ヴィクトリア?王女様の顔のレリーフがついているそうです。

・・・うっかり日本には照明学会などというものがあることを知ってしまったではないか。wwwww


DSCN2195.jpg
ツレさん曰く「読書がはかどりそうな部屋」



DSCN2197.jpg     DSCN2201.jpg
左のように、典型的な洋風暖炉にガンダーラなレリーフともう洋の東西を問わない、シルクロードな内装になってます。


その先は旅館になったときに増築された部分が多く、文豪の紹介を簡単に展示した文学館のようになっていました。


DSCN2202.jpg
庭の池には鯉などは泳いでなくて寂しいようなのですが、亀さんが一匹、のんびり泳いでた・・・君はどこから来たのかいwww


DSCN2206.jpg
ツレさん曰く「テルマエ・□マエ!!」確かにwwwwww

旅館だった頃、好みの部屋に予約を取る、などと言うことが出来たのでしょうか。


DSCN2205.jpg
西洋文化を代表するトランプの各スート・・・でも純東洋風の貝による象眼、すなわち螺鈿wwww


DSCN2207.jpg     DSCN2209.jpg
庭に出ました。庭園は純和風です。街中なのに喧噪は遠く離れてとても静かです。旅館だったときに泊まってみるのも一興だったでしょうね~。


一部の建物では市民管弦楽団による演奏会なども催されてます・・・熱海市民、セレブだ~。



DSCN2210.jpg     DSCN2212.jpg      DSCN2215.jpg
熱海駅まで戻り、お寿司屋さんで腹ごしらえをしてから、花火の時間まで海辺を散策します。浜辺、デッキ、ヨットハーバー、海浜公園・・・とずっと海沿いを歩いていけます。熱海の犬はずいぶん贅沢なところを散歩できるのう。


雨は降ったり止んだり、雲の流れが速いので、写真としてはいいのですけどねwwwww


DSCN2220.jpg
終点は初島行きの船の発着場です。その周りは釣り人たち。沈む日に照らされて初島に向かう最終便を見送ります。


DSCN2226.jpg
6時頃ようやく日が沈んできました・・・雨は完全には止まないですが、ファミレスなどはすでに花火見物客で席が埋まってます、ホテルの人もタクシーの人も花火の日は車が動かないくらい混む、とのことで、どのくらい浜が埋まるかも分からず、開始2時間前ですが一番見やすそうで駅に向かう道にも近いデッキの手すりを確保。立ちんばですが日頃立ち仕事で鍛えている我々、ここはコンビニで仕入れた非常食系を食べつつ試練の時です(なんか頑張るとこ違う気もしますが・・・(笑


・・・いい加減くたびれて、twitterにつぶやきまくってネタも切れてきた頃、ようやく花火開始!

花火開始頃には願いが通じたのか、雨が止みました(笑


DSCN2236.jpg      DSCN2253.jpg      DSCN2255.jpg
今回、手すりに寄りかかれるので、デジカメについてる花火モードなるもの(シャッタースピードがだいぶ遅い)を使ってみたのですが、どんなに手ぶれさせてないつもりでも、やはり三脚立てないと微妙にぶれてますねwww


花火自体は、結構大玉も多く、しかも2~3ヶ所から同時に上がる豪勢なもので、短時間ですがとても楽しめました。


DSCN2260.jpg
花火モードのまま横一列に連打で上げられるとまぶしすぐるwwww


DSCN2264.jpg     DSCN2267.jpg
変わってたのが、コンピュータ制御による最新のデジタル花火、というもので、なんのこっちゃと思いきや、普通上に打ち上がる花火としてはありえない、扇状の方向にだぱぱぱぱあっ!と打ち上げられ、ぱぱぱぱぱぁぁあん!!と広がる、という趣向でした。意外とこれが一番迫力あったwwww


DSCN2272.jpg       DSCN2278.jpg       DSCN2273.jpg
花火モード、大写しにするとまるでストロボ撮影ですwwwww


DSCN2281.jpg
フィニッシュは目玉の空中ナイアガラ。でもあれ?うちの市の花火大会でもこれあったよな?



うちの市の花火大会のホームページを見ると、こちらの方が元祖とされている、と書いてあります・・・ほんとかなwwwww

ただ、なにげにうちの市の空中ナイアガラも、それなりに迫力は負けてなかったな、と思った次第でありました。




DSCN2165.jpgDSCN2173.jpgDSCN2199.jpgDSCN2279.jpg
と言うわけで、最後にまとめの写真を入れておしまいです!長々と読んでくださった方はいつもながらありがとう!


関連記事

COMMENT

いいですね~

このホテルは男でもスパ体験が出来るじゃないですか!う~ん、行ってみたいな(*^.^*)
予約もだいぶ埋まってるし人気あるんですね。
湯船と水平線が同じに見えるのは気持ちいいだろうなぁ。

熱海の浜辺は砂を持ってきて作った人工砂浜だから狭いんですよ。
団体旅行客で潤ってた熱海は一時期すっかり寂れてしまって個人客にターゲットを移してるんでしょうね。

第1クスノキは太いですね!!一回折れてまた幹が伸びたように見えます。
私も夏じゃない熱海の花火大会見たことがあります。
ぶれてるのはシャッターを押すときに力が入りすぎたのかカクッとした部分がありますね。
両腕を柵に固定するのもいいかも。
ある程度アップで撮るときは花火はかなり明るいのでオートでもいいと思うんだけどなぁ。
携帯でもきれいに撮れましたから。

色白で美人の友人ですか。紹介して欲しいですね(^-^)/

おひとり様は泊まりだと割高になっちゃいますが気ままに回れるのが魅力かな。

りんさん家はアウトドア大好きなのかな?
テントに車中泊とやまのぼらーになるべくしてなった感じですね。

私もこのホテルが敢えて「男性もエステおk」としているのを見て、逆に男性がダメなエステがあると知って驚きました。
熱海って人工砂浜なんですか!?なんとまぁ。
確かにバブル期の雰囲気はなくなり、ご時世に合わせて個々の顧客を大事にする隠れ宿、落ち着いた大人向け宿が増えている感じですね。新しくリニューアルorオープンしているようで古いホテルは見かけませんし。それでもやはり家族連れとかご夫婦で、という泊まり客を一番多く見かけますよ。
花火撮るとき、手も柵に固定したのですがねwwwやはりシャッターで揺らしてしまいます、基本不器用なもので(笑
撮影モードをどうしようかなどと考えてると、花火の火が消えてしまいます、ほんとに一瞬でぱっと散る花ですよね(笑
りん家は絶賛アウトドア派ですwww徹夜で車で走り、翌朝一番で山登り、とか、もっと小さい頃はパジャマのまま車に連れ込まれて、目が覚めるとそこは東尋坊だったとか、天橋立だったとかそんなんざらですwwwww

EDIT COMMENT

非公開コメント

Search this site
Profile
Author:りん@ぜんまい仕掛け

りん@ぜんまい仕掛け

管理人キーワード: アラサー, 草食系内科医, 夜行性, 喪女, 妄想癖, 設定厨, ニコ厨, ゲーマー, やまのぼらー

*リンクフリー*
*Only in Japanese*
*コンテンツは特別に注意書きがない限り転載自由、出典明記要りません。
ただし無断の商用利用と盗作はご勘弁願います*
*古いログの方が面白いと思う*
*万一シを読むために訪れたという奇特な人がいましたら、リンク下の方にあります*


管理者ページ
Follow me
りんシまとめますた(・∀・)
りんシダイジェスト版は↓
Mail

name:
address:
body:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。